まるた

 

3月11日

 

東日本大震災から10年

 

その日、3代目米三郎(まるたの父)は、この小林家のテレビで東北が津波にのみ込まれる映像を見ていた。

 

「東北の酒屋が流されていく~~~~。」

父は泣いていた。

 

こばしりEは、そんな夫をただ見守るしかなかった。

 

父は80歳になっていたが、それまではたくさんの病気と気丈に闘っていたが、酒屋の樽が波に流されていく様子を目の当たりにしてから、どんどん弱っていった。

 

その26日に、旅立った。

 

もう10年か。

 

まだ10年か。

 

震災の話題になるたびに、父を思い出す。

 

 

震災で犠牲になられた皆様に、心からご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

〒069-1521

北海道夕張郡

 栗山町錦3丁目109番地

   電話:0123-76-7228

   電送:0123-76-7292

※ご予約はお電話で!