まるた

 

冬期、小林家一番人気の炬燵の席。

 

炬燵布団は、明治・大正期の着物の布の端切れがランダムに縫い付けてある。

 

この炬燵布団は、こばしりEの作品だが、布が古い上にたくさんのお客様が使うので、布の擦り切れ度も高い。

 

こばしりEは、今日も擦り切れを見つけて、その上から、やっぱり古い布を縫い付けいていた。

 

 

破れた布をほどく必要がないので、簡単お手軽、しかも味がある。

 

みんな古い布だから、ちょっと目を離すと、どこを縫っていたのか分からなくなる。

ここまでくると、リサイクルでもなく、エコでもなく、節約でもなく、もったいないでもなく、なんかこう究極のアートの世界に足を踏み入れたような気がする。

 

一旦、このアートの世界に迷い込むと出口が分からなくなる。

 

まるた完璧に迷い込んで、今日も小さな端布でシールを作っている・・・・。

 

 

 

〒069-1521

北海道夕張郡

 栗山町錦3丁目109番地

   電話:0123-76-7228

   電送:0123-76-7292

※ご予約はお電話で!