まるた

 

この人、まるたの弟S。

 

何をしているのかというと、糠漬けの樽から漬けてあった野菜を取り出しているところだ。

 

実に嬉しそうである・・・。

 

弟S、この日のためにめっちゃ頑張っていたことを、まるたは知っている・・。

 

本日の北海道新聞の空知版

 

弟Sは「造り酒屋をもっと知る会」なるものを毎月開いているが、めちゃくちゃマニアックなので、めちゃくちゃマニアックな参加者で構成され、いつも募集とともに、すぐさま満員御礼になる。

 

今回は「小林酒造140周年」イベントで、より力が入った。

 

一ヶ月くらい前から、色々な野菜を試し漬けして我が子以上に、いつくしんで育ててきた糠床。

 

数日前の夕刻のことである。

薄暗い中、弟Sの自宅前にあった糠床を丁寧にかき混ぜている青年を、こばしりEが目撃した。

 

青年Rは、弟Sの息子である。

 

この1ケ月、自分以上に父に愛されていた糠床を嫉妬するでもなく、淡々と混ぜ続ける姿に、こばしりEは、涙していた。

〒069-1521

北海道夕張郡

 栗山町錦3丁目109番地

   電話:0123-76-7228

   電送:0123-76-7292

※ご予約はお電話で!