121回 小林家 龍神祭 

 

雨に当たらず、無事終了( ;∀;)

 

まるた、朝起きて一番先に祈った。

「10:00から30分でいい、降らないで・・。」

 

水の神様に、何というお願いだとは思うが、祈った。

 

龍神様、聞いてくださった。

しかも、今年は蚊もいなかった(^^♪

 

かくして、小林家もお客様に支えられ、ヨタヨタしながら5年目に突入することになった。

 

龍神祭にお運びいただいたお客様、小林家のファンでいてくださるお客様、支えてくださる皆様、本当にありがとうございます。

 

スタッフ一同、気持ちも新たに頑張ります。

 

いま、外は残ザンザン降ってます(^^♪

 

 

2018年 小林家「龍神祭」のお知らせ

 

 

7月10日(火)10:00~

 

15分くらいです。参加ご希望のお客様は、10時に直接龍神様の前にお集まりください。

 

どなたでも参加できますので、どうぞ、普段着(毎年蚊に刺されるので気を付けて。)で気軽に手ぶらでおいでください。

 

 

お花や、供物をお供えし

 

栗山天満宮の宮司さんによる祝詞とお祓いがあります

 

 

 

小林家中庭

 

龍神様(明治30年建築)

 

 龍神様は、日本の農耕生活と深く結びつき、雨や雷雨をもたらす神様です。酒造りには、清らかな水と豊かに実った酒米が欠かせません。小林家では、龍神様に豊作を願って、手を合わせてきました。
 

 また明治30年に小林家建築の際、土を掘ったところ、この中庭で初代米三郎と、白蛇が出くわしました。

 白蛇の住処を奪ってしまったことに心を痛めた初代は、白蛇様も一緒に、この祠にお祀りになりました。

 古来より白蛇は願い事を叶える神様です。初代は、白蛇様には「商売繁盛」を願いました。以来小林家の者たちが、ずっと守り続けております。

 

 

 

 

小林家オープン以来、たくさんの皆様にお詣りいただいております。

 


 

龍神の鐘

 

 明治時代、極寒の蔵での酒造りは、不眠不休の蔵人たちとって過酷なものでした。

 その中にあって、唯一の楽しみは食事。

 この鐘の音は蔵人に食事を告げ、男たちに活力をもたらしました。

 どうぞ、他者が元気になるよう願いを込めて鳴らしてください。

〒069-1521

北海道夕張郡

 栗山町錦3丁目109番地

   電話:0123-76-7228

   電送:0123-76-7292

※ご予約はお電話で!