どの人もぜんぶ小林・・・

主な登場人物

 

まるた・・・・小林家の代表。   様々な原稿担当。座右の銘は、「まっ、いっか・・。」

A蔵 ・・・・小林家の厨房担当。まるたの弟Yの妻。力持ち。何でも早くて丁寧。素早く先を読む。

N号 ・・・・小林家の広報担当。まるたの弟Sの妻。持続力あり。やんわり、じわっと人を魅了する。

こばしりE・・小林家の皿洗い担当。まるたの母。移動はずっと小走りで、生きてきた。

孫K・・・・・小林家の雑用。まるたの長女。厳しい修行を経てご案内テストをクリア。ご案内デビュー。

 

10月17日(火)                 まるた

 

こばしりE、今日もせっせと働いている。

今日の仕事は、「着物をほどき」という超面倒くさい作業。

ご丁寧にほどいた着物にアイロンまでかけてくれている。

 

だいたい面倒くさい仕事は、こばしりEに押し付けるが、文句も言わずに黙々とやっている。

 

よくお客様に「おばあちゃん、いくつなの?」と聞かれる。たぶん、もう100回以上は聞かれただろう。

 

でも、たいがいそう聞くのは、こばしりEとさほどお年が変わらないとお見受けする方が多い。

こばしりE、ちょっとだけ困惑している・・・。( ;∀;)

10月16日(月)                 まるた

街を歩くと、あちらこちらでハロウイン。

ハロウィンは元々、ヨーロッパを起源とする「民族行事」で キリスト教 諸聖人の日の前夜祭り(All Hallows eve)が訛って ハロウィン(Halloween)と呼ばれるようになったらしい。 秋の収穫を祝い、悪霊を追い出す祭りなんだそうだ。

 

知人から、カボチャをいただいたので小林家らしく家にあった桶に入れて玄関に飾ってみた。

 

N号が「なんだか、お風呂に入っているみたいですね。」

と、いうので・・・。

 

気分を出してみた。

 

気持ち良さそうで、なかなかイイ感じである。

 

こんなことしていたら、悪霊が払われるどころか寄ってきそうである。

 

すみません・・・。とりつかないでください

( ;∀;)

 

 

10月15日(日)                 小林 N号

見てください! まるでどこかの、お城の窓のようじゃありませんか?

こちらはもちろん、小林酒造敷地内にある、蔵の窓です。

毎日見ているのに毎日変化があって、毎年見ている光景なのに毎回感動してしまいます。

だって、こんな風情のある場所ってなかなかないですよね。

きっと知らない街でこういう場所を通りがかったら、きっと私なら立ち止まってしまうと思います。

う~ん。何度見ても美しい…! 時代がつくりだした奇跡を、ぜひみなさんにも見ていただきたいです。

10月14日(土)                 まるた

 

小林家のご案内を始めて3年と3ヶ月。

これまでたくさんのお客様との出会いがあった。

 

ご案内時間たった90分間のご縁だが、これまでお客様にたくさんの励ましのお言葉をいただいた。

 

昨日2通のお手紙が届いた。別の日にご案内したお客様だがどちらにも「楽しかった。頑張って小林家を守ってください。」という内容だった。

 

まるた、2通のお手紙を読みながら自分が恥ずかしくなった・・・( ;∀;)

 

これまでたくさんの観光施設に訪れたけれど、どんなに素敵なところだったとしても、どんなに親切にしていただいても、その感動や感謝をこんなふうに文字にして伝えたことがない。

 

まるた幸せボケの、恩知らず、ホント、バカヤローである。

10月13日(金)                 まるた

お待たせいたしました****

 

小林家「商家の暮らしのコース」を体験した方なら、リベンジしたくなるお遊びです。

経験のない方でも、気軽にしかも簡単に「芸者遊び」を体験できます。(芸者さんは付きませんが・・( ;∀;))

 

予約していただくと嬉しいですが、予約がなくても飛び込みO.K.(^◇^)

 

試合時間の10分くらい前にお越しください。

メッチャ、盛り上がります****

10月12日(木)                 まるた

小林酒造レンガ蔵のツタの葉に、秋の深まりを感じる。

 

そろそろいいかな・・・・(*''▽'')

美しい色のツタを摘んできた。

 

毎年、恒例になりつつある「新鮮葉っぱのアイロンがけ」

 

高温ドライで表裏にアイロンをかけるとジュワ~~~っと湯気が出る。

「ツタちゃん、ごめんね・・・。」と、心で詫びながらも、これが結構面白いときた(^◇^)

 

 

 

あっという間に出来上がり****

本に挟む必要もないし、時間もかからない。

 

これで、1年はこの色を保つ。

冬の間、赤い色があるとホッとする。

 

そこら辺の綺麗な葉っぱでやってみてください。

 

こばしりEの知恵袋である。

10月10日(火)                 小林 A蔵

ご存じ、小林家のアツアツ甘酒。

 

先日甘酒を飲みにいらした常連さん。

 

「今年もイベントやるんですか?」と尋ねてくださったので、「やりますよ♪ あ!もう、10月でしたね(汗)決めなきゃ!ゆるくてごめんなさいね~」と答えると、

「いや~、そのゆるさがいいんですよ~(笑)

『甘酒は熱く!環境はゆるく』でいいんじゃないですか~(^◇^)」

 

なるほど~~~~

 

冬より寒い小林家 

甘酒は熱く、環境はゆるく

 

これからのキャッチフレーズに付け足しましょうか?

10月9日(月)体育の日              まるた

 

10月7日(土)まるた、小林家の営業を終えて家に帰って、テレビを見ながら北の錦をチビチビやっていた。

 

何となく見ていた「出没 アド街ック天国」

京都 伏見稲荷の特集だった。

 

「おっ( ゚Д゚)」一瞬、酒を持つ手が止まった。

「これ、小林家にあるぅぅ~~~~。」

 

伏見のお人形で「饅頭食い人形」という。

 

「商家の商いのコース」のどこかにひっそり置かれていて見つけたお客様にだけ、この人形の持つ意味を説明するという、地味なサービスのお人形である。

 

あまりにも地味なサービスなので、たいがいのお客様は通り過ぎてしまう。

 

これから、商いのコースをご見学予定のお客様はこの「饅頭食い人形」どこにあるか、探してみてください。

 

 

めっちゃ、ひっそり置かれていて寂しそうな坊やです。

 

10月8日(日)                  まるた

 

ただいま10月8日18:00

閉店して一時間が経った。

 

洗い物はまだてんこ盛り。

置くところもない。

 

三連休の中日は、いつもたくさんのお客様で賑わう。

 

相席になったお客様同士で、お話が弾むことも珍しくない。

 

 

今日は、洗い物が間に合わなくて必要な皿だけ洗って使う感じがずっと続いた・・・。

 

とりあえず、もうすぐ誕生日のこばしりEはまだ皿をふいている・・・。

 

あんなに働かせたら、なんか法律に違反しそうな気がする・・・。

 

ごめん・・・。明日もよろしく・・・。

 

ブラックな小林家である。

10月7日(土)                  まるた

昭和39年7月27日の北海タイムス

 

新発売一級 鳳紋北の錦 

 

1.8リットル 690円

 

「夏を冷酒(ヒヤ)そう」

 

なかなか粋なコピーである。

グラスを持つ手も、色っぽい♡

 

もし、小林家の宣伝なら・・・。

 

間違いなく・・・「体が冷えそう」だ。

 

それにしても、気になるのは左の真ん中の「関西信販」の

 

千円月賦で・ミシン・編み機・洗濯機・掃除機・自転車・ベッド

道内どこでもすぐ送ります。

 

今でいう「通販」のはしりだろう。

1000円なら安い気がするが、昭和40年の貨幣価値を調べてみると20倍( ;∀;)。

 

ってことは・・・2万円かぁ・・・。

二万円が安いのか高いのか・・・。

 

ちなみに、35年前のまるたの初任給は98000円だった(しかも3年間据え置き)。

 

10月6日(金)                  小林 N号

ブログのたびに、困って頭をひねる私。

すると、また助けに来てくれました!

またまたペロペロちゃんの登場です!!

 

しかし見てください。

前よりもずっと大きくなり、立派になっているんです。

今まではちょっとぼんやりした茶色だったのが、このようにはっきりと柄が綺麗に浮かび上がっていました。

 

惚れ惚れしながらペロペロちゃんを見ていると、接近してくるではないですか!

 

 

 

ヘビちゃんが出てくると夢中になってしまう私。

ついカメラを近づけていました。

気が付いたら、7、8センチ近くまで手が…。

 

でもおかげでこの写真が撮れました。

とっても美形なのがわかりますよね!

 

ヘビちゃんたちの元気な姿を見ると、小林家スタッフも思わず笑顔になり、元気になるのでした。

10月5日(木)                  まるた

 

小林家オリジナル白蛇ちゃんの風呂敷。

 

風呂敷といえば、まるたが幼い時から荷物の多い時や、旅行には必ず風呂敷に衣類を包んで鞄に入れていた。

 

「包む」ことは、気持ちをあからさまにしないで、そっと隠して慎ましやかに相手に伝えるという日本の文化である。

 

 

 

 

 

オリジナル手ぬぐいの右下と左上には、白蛇ちゃんの顔がある。

 

酒屋なので、四合瓶を2本風呂敷に包んでみた。

 

 

 

 

 

可愛すぎます(;'∀')

 

 

この積極的な包み方が、奥ゆかしいかどうかは不明だが、瓶同士がぶつかり合うことがなく、これぞ日本の文化である。

10月3日(火)                  まるた

 

9月末の事である。

10月からご案内のコースが変わるので、3カ月間ほったらかしにした10月からのコースを掃除していた。

 

ホッ被り、軍手・掃除機・すす払い用のモップ、ガラス用クリーナー、雑巾。

 

朝から3か月分のホコリと、油断ならないクモの巣と格闘。

そのうち開店の時間になったけれど、喫茶の方はスタッフに任せてひたすら拭き拭き。

 

途中で、雑巾を洗いに戻ると喫茶ホールにお客様がいらっしゃったので、にこやかにご挨拶。

A蔵が「小林家の代表です。」と紹介してくれたので、いつものノリで「掃除のおばちゃんだけど、一応代表です。」という話からお客様と盛り上がった。

 

本日の事である。そのお客様が遠方から、また来てくださりご案内をさせて頂いた。

 

お話を伺うと、そのお客様は某温泉施設の施設長さんで「自分もふだんは、ツナギを着て雑用やってるんです。自分だけじゃないんだと思ったら、親近感がわいて今日はオフだったので来ました。」

 

「あんなホコリまみれの姿をこんなふうに思って下さる方がいるんだな。」

 

あの日、掃除やってて本当に良かった。」

 

しみじみ、思うまるたであった。

 

10月2日(月)                  まるた

 

まるた閉店時刻が迫ると、どよんとする日がある。

 

毎日更新しているブログネタが全く思いつかない日だ。

 

今日は5時になっても、ネタのネの字も思いつかない。

N号の「まるた姉さん、レンガ蔵のツタが色づいてきましたよ。」の言葉に押されて、カメラ片手に外に出た。

 

なるほど、下の部分から紅葉が進んでいる感じだ(^◇^)

 

ブログネタ・・・ブログネタ・・・・。

 

あ(^◇^)***あった****

 

ツタの中に、マントヒヒを探せ****

 

ね(^◇^)いるでしょ(^_-)-☆

 

10月1日(日) 日本酒の日            小林 A蔵

今朝、出勤するとこの角に3cmほどの大きなクモが蜘蛛の巣をはっていた。

 

「ひ~~~~~っ」と思いつつ、竹箒で撤去していると、こばしりEお母さんがやってきて

 

「遺伝子ってすごいよね~~~」と言った。

 

クモは誰に習うわけでもなく、小さな時からあの複雑な模様を作れる遺伝子が備わっていることが凄いという。

 

そうだよな~。

私なんて、教えてもらっても、ろくに出来ないこといっぱいなのに、あんな小さな体で大作を作っちゃうんだもんね。。。

 

今までは「え~~~い、クモめ~~~!」と、簡単にやっつけてしまっていたけど、明日からはクモさんに対する対応が変わりそうなA蔵です。

 

 

 

 

9月30日(土)                  まるた

 

お客さまが、小林家にこんなカエルの置物?があることを知っていらっしゃって、お家の「ギロちゃん」(左のかえるちゃん)を連れて小林家に遊びに来てくれた。

 

小林家のケロちゃん(真ん中)は、3月に誕生?したので、ギロちゃんとは初対面である。

 

初対面にも関わらず、二匹とも楽しそうに「ケロケロ♪」と仲良く遊んでいた。

 

それを見守っている大ギロちゃんのまなざしが温かい。

 

小林家は、人とのつながりだけじゃなくこんなお友だちも増えているのだ。

けっこう、すごい事だと悦に入っているまるたである。

 

*****************************************************

 

明日、10月1日から「商家の商いコース」に変わります。

 

昨日あたりから見学コース、めっちゃ寒いです。今日ご案内のお客様が、一歩廊下に出たとたん

 

「さむっ( ;∀;)」

 

っと言った。

 

 

 

9月29日(金)                  まるた

 

小林家中庭の龍神様。

120年間。ずっと小林酒造・小林家を見守ってくださっている。

 

3年前の小林家オープンから一般開放して、たくさんのお客様にお詣り頂いている。

 

 

龍神様の御前には、お賽銭用にお皿を置かせていただいている。

 

皆様の温かいご厚志は、龍神様の祠の維持保存に大切に使わせていただいています。

 

先日、お皿のお金がたくさんになったので有り難く事務所に引き上げてきて机に広げてみたら、写真のように55円をヒモで縛ったものがあった。

 

絶対なにか意味があることだと思って、調べてみた。すると・・・。

「55円は、五重(50円)のご縁(5円)」がありますように。そしてそれを午後(55)に入れるとさらによい。という意味があることを知った。

 

スタッフで「知らないことばっかりだね|д゚)」と感心していたら、

N号「私は十分にご縁がありますようにってことで、いつもお賽銭は15円してますよ(^◇^)」というので、15円の意味も調べてみたら、その通りだったが、「15円は、5円玉3枚にする。10円を使うとご縁が遠(10)のく。」という注意書きがあった。

 

それを知ったN号、「今までご縁を自分から遠ざけていた・・・。( ;∀;)」と、撃沈していた。

 

ホントに、知らないことばっかりである。

9月28日(木)                  まるた

 

築120年の木造家屋には、各部屋にコンセントなどない。

小林家の部屋の掃除には、このコードレス掃除機が大活躍である。

・軽い

・お値段手ごろ

・充電にさほど時間がかからない

 

※めっちゃ宣伝しているが、業者からは何の忖度もありません(^◇^)

 

ちょうど3年くらい前に、生協のトドックで二台購入した。個人が二台も買ったので、生協からトドックのチラシに掃除をしている写真を掲載しませんか?というお話があったので「築117年・明治の酒蔵・小林家」というワードを入れてくれるなら、喜んでお掃除おばさんになります(^◇^)

 

ということで、その後1年半くらいの期間、たま~~にトドックのチラシに登場したことがある。

 

3日前のことだ。女性のお客様がまるたを見て「あ**トドックの掃除機の人ですね。私、一台買いました。」

とおっしゃった。

 

購入後3年近く経っているが、こんなまるたでもトドックさんに貢献できたことを知った。

 

なんか、無条件に嬉しかった。

※めっちゃいい話になっているが、生協からは何の忖度もありません。

 

9月26日(火)                  まるた

 

心優しい小林家のお客様のお陰様をもちまして、24日に手ぬぐいフェアを終了させていただきました。

 

期間中、お買い上げくださったお客様本当にありがとうございました。

 

24日にフェアが終了したのだから、チャッチャとフェア会場を片付ければよかったのに、まるたのあのいい加減な感じで「明日にしよ。」の一言で24日は片付けをせずに帰った。

 

翌25日、なぜだか朝からちょっと忙しく合間を見ながらの片づけが出来ないでいた。

 

 

仕方がないので、「手ぬぐいフェア」と書いてあった看板の「フェア」部分だけをはがして、いかにもフェアじゃないよ的な、スタッフにしかわからないような小細工をして一日をやり過ごしたのだが、なぜかこの日の手ぬぐいグッズの売れ行きが良かった。

 

「あれ?いろいろ売れちゃった( ゚Д゚)」

 

「どうしよう。もう少しこのままにしてみようか・・・。」

 

今日も、売れました・・・。

 

今月いっぱい、気が付かないふりを決め込むことにしたまるたである。

 

でも、フェア中実施していたクジはやっていませんよ。

フェアでお買い上げのお客様、損したと思わないで温かく見守ってください・・。( ;∀;)

 

 

9月25日(月)                  まるた

 

本日15:30より、北の錦記念館前で栗山天満宮宮司の祝詞があがり、記念館前に居合わせたお客様や酒造のスタッフが神妙な面持ちで榊を神前に手向けた。

 

獅子舞も披露され、獅子ちゃんは、観客一人一人に「パクっ」と食らう仕草で厄を払ってくれた。

 

小さな子どもにはパックリと、若者にはガップリとやっていた。

 

なかなか見せどころをわきまえている獅子ちゃんだった。

 

 

9月24日(日)                  まるた

 

今日はお天気も良く、涼しい小林家も朝からにぎわっていた。

 

あんまり「混む」ということに慣れていないスタッフは、とりあえずオタオタする。

 

今日は、オタオタし通しだったが、3時になるあたりからパタリとお客様が途絶えた。

 

さっきまで、あんなにオタオタしかしてなかったのになぜだろう????

 

( ゚Д゚)わかった****

 

今日から、栗山祭りで道路が渋滞してるからだ( ;∀;)

 

カメラ片手に道路まで走ると、案の定、長沼の橋の向こうの向こうまで大渋滞である。

 

こりゃ、小林家で甘酒なんか飲んでたらお祭りに着かないどころか、お帰りは真夜中になるだろう。

 

明日、明後日、大渋滞に巻き込まれたお客様、お祭りは諦めて小林家でのんびりっていかがですか?

この大渋滞、たぶん22時近くまでつづく・・・。

 

20時を過ぎたあたりから今度は反対方向です。ご注意を****

 

9月23日(土)                  小林 N号

きびだんご撒き! が際立っていますね。行きたくなります。
きびだんご撒き! が際立っていますね。行きたくなります。

さあ、いよいよ明日から栗山で秋祭りが始まります!

三日間ありますが、休日は明日だけ。しかも小林家の手ぬぐいフェアも明日までとなっています。

 

今日来てくださったお客様も、手ぬぐいフェアに間に合って良かったと言ってくださいました。

 

月曜日は左の写真のようにお神輿もあります!

 

ぜひ秋祭りと一緒に小林家も遊びにいらしてください。

(え? また同じネタだって? 許してください~!)

9月22日(金)                  まるた

 

某高校の、某学科2年生の可愛い女子が小林家にインターンシップとして研修に来てくれた。

 

朝の掃除から始まって、皿洗い・商品づくりなんかを体験した。

 

写真は、甘酒づくり。

 

初めて自分でつくった甘酒を試飲中(ノンアルコールですよ)。

 

「甘いね。」「うん、甘いね。」

 

 

 

お干菓子づくりも体験。

 

スポッっと抜けません(;'∀')

お福ちゃんの目がありません・・・。(;'∀')

 

色々と、初めて体験をして今日が最終日。

 

久しぶりに若い人と接すると、なんか妙にハイテンションな、まるたである。

9月21日(木)                  まるた

 

お客様から頂いた、フウセンカズラ。

 

あんまり可愛いので、かごに入れて玄関よこにデイスプレイしている。

 

頂いたお客様「茶色になって、乾燥したら中に3つ種が入っているんだけど、この種がハートで可愛いのよ(^◇^)」

 

茶色になったので、言われたとおり破ってみたら黒い種が3つ出てきた。

 

ハート???

 

丸いぞ・・・・?

 

ん????

 

おおっ(@_@)

 

ハートが隠れていた・・・。

 

ホント♡だった(^◇^)

9月19日(火)                  まるた

 

9月16日のことである。

出勤すると、事務所の机の上に一枚の紙が置いてあった。

 

アルソック警備報告書だった。

「AM5時50分警報を受信したので参りました。確認したところ、原因となるものが特定できず、検索しましたが異常はありませんでした。」

 

と、書かれていた。

 

スタッフで「見えない人が通ったね。」などと面白がってニヤニヤしていた。

 

昨日のことである。

 

営業を終えて帰ろうとして真っ暗な喫茶ホールを歩いていたら、階段の電気がついていた。

 

まるた「階段って人感だよね・・・。」

A蔵  「・・・・。まるた姉さん・・・・、帰りましょ(;'∀')」

まるた「・・・・。うん。かえろ・・・。」

 

そう言ったとたん、明かりが消えた。

 

見なかったことにした。

 

 

 

9月18日(月)                   小林 A蔵

「手ぬぐいフェア」本日3日目!!!

 

ついに!ついに来ました!!!

 

「手ぬぐいフェアを見に来ました!」

というお客様♪

 

この台風の中、フェイスブックを見て来てくださったという方。

もう、飛び上がる勢いで喜びました***

 

まだ、ご覧になってない方、ぜひ、24日までに足をお運びください♪

 

新作、クッション、11柄あったものが9柄となってます。

 

くじ引きも、1等、2等、3等、残念賞と、空くじナシです!

 

この機会に、ぜひ、お試しを!!!!!

9月17日(日)                   小林 N号

 

つい二ヶ月ほど前から保冷バッグが必要になった小林家(なぜかは小林家で聞いてね!)。

探してみるとあるもので、まだ使っていない保冷バッグがたくさん見つかった。

が・・・。これでは大きすぎる。

何でも大切に使いたい小林家。

これをちょうどいい大きさにできないものか、たくさん考えた。

そしてできたのが、右の小さなバッグ。

一つの袋からふたつできるので有り難い。

これ、こちらからの見た目はいいのですが・・・

裏は手づくり感満載です(汗)。

ごめんなさい!

9月16日(土)                   まるた

 

手ぬぐいフェア***

 

      本日より開催(^◇^)

 

これは、フェア開催中に手ぬぐい商品をお買い上げのお客様に感謝の気持ちを込めて作った「クジ」

 

手づくり感満載。

A蔵の力作である。

 

お客様にクジを引いて頂き、割りばしに書いてある番号に応じて、気持ちばかりの景品をさしあげています。

 

ほんの心ばかりの物なので「なんだコレ( ゚Д゚)」と、心で思ってもとりあえず(^◇^)「あはっ*」と、言っていただければ、この上ない幸せです。

 

幸せになりたい小林家スタッフ一同です。

 

「あはっ(^◇^)」

 

 

9月15日(金)                   まるた

 

小林家 白蛇手ぬぐいフェア

           開催準備万端****

 

16日(土)~24日(日)までやってます

 

玄関横の畳のスペースに、手ぬぐいグッズをわんさか置いて、皆様をお待ちいたしております

 

 

 

 

この昭和の丸テーブルに、お座布団を置いてみたので、どうぞここでまったりしてください。

 

ただただ、玄関があんまり寒くないことだけを祈る、まるたです。

9月14日(木)                  小林 A蔵

こんなに立派ではないけど、小林家の手ぬぐいフェアもみに来てね!
こんなに立派ではないけど、小林家の手ぬぐいフェアもみに来てね!

 

コレ。な~んだ?

 

「なんだ~、手ぬぐいじゃん!」とか、

「手ぬぐいフェアの飾りでしょう?」

 

とお思いでしょう。

実はコレ

8/6~10/1まで行われている

「札幌国際芸術祭2017」の

「札幌デザイン開拓使」(JRタワープラニスホール)にある展示なんです!!!

 

小林家のロゴや手ぬぐいなどのデザインをしてくださってる大同印刷のデザイナー岡田善敬さんの作品として、どど~んと会場の目立つところに展示されています!!!

 

なんて嬉しいことでしょう!

 

これで、今週末から始まる手ぬぐいフェアにも拍車がかかる!!!(て、そんな訳ないじゃ~ん)

 

ともかく、皆さんもぜひ、足をお運びください!

(JRタワープラニスホールは、札幌エスタ11F。13:00~19:00(土日10:00~19:00)個別鑑賞チケット500円。北海道発のデザインや懐かしいパッケージ、岡田さんの他の作品も多く展示されてます。)

 

こんなに素敵な展示、見逃さないでくださいね♪

9月12日(火)                   まるた

 9月24日から26日の3日間行われる栗山の秋祭り。 毎年300を超える露店がならび、道内屈指の規模を誇る。

 

 25日には獅子舞や御神輿が町内一円を練り歩いたり、栗山天満宮氏子神輿会 「東風梅(こちうめ)」 も神輿を担ぎ祭りを盛り上げる。

 

 北海道で一番最後の秋祭りになるので、すべての露天商が栗山に集まってくるのだ。

 

 小林家では24日まで「小林家オリジナル~白蛇手ぬぐいフェア」を開催している。

もし、

 

24日に栗山の秋祭りにお越しになる方がいらっしゃれば、是非小林家に足をお運びいただきたい。

 

手ぬぐいフェア開催中に、グッズをお買い物いただいたお客様にクジなんかあったら楽しいな。(スタッフが・・・。)

フェアは今秋16日土曜日からです。

 

(^◇^)

9月11日(月)                   まるた

 

 楽しくエコな園芸教室

 

            講師  こばしりE

 

今日は、見た目が涼やかで、遠くから目れば、ちょっと豪華だと錯覚するエコな生け花のご紹介です。

 

準備するもの

 

デッカイ花瓶

デッカイ花瓶に入れる水

園芸バサミ

 

それから

 

今時期、その辺にワサワサと生えているこの花。

(名前を知らないまるた・・・。)

 

 

        と

 

今時期、その辺にワサワサ伸びているアスパラ

 

 

         と

 

今時期、その辺で茎をどんどん絡ませる、茎の赤い名前の分からない植物

 

これらを、適当にちょん切って花瓶に挿して出来上がり。

 

今日、お客様に言われた

 

「あら?( ゚Д゚)これアスパラかしら?アスパラよね?そうだわ、アスパラよ***」

 

まるた「アスパラです・・・。」

9月10日(日)                   小林 N号

見てください、この迫力ある写真!

これ、今日私が庭掃除していたときに発見した、小さな小さな蛇の、脱皮した抜け殻です。

 

すごくないですか?

白くて透き通っていて、しかもすごくきれいなんです。

さらに、目の所を見てください。

ちゃんと穴がくっきりと開いているんです!

 

今日のブログに困っていた私を、またペロペロちゃんがこうして助けてくれました(嬉泣)。

 

こちらは龍神様に祀ってありますので、良かったら覗いてみてくださいね。

なんかいいことありそうな気持ちになった、N号でした。

9月9日(土)                    まるた

 

ここ1週間ほど、小林家の中庭には頻繁に「ペロペロちゃん」が出没する。

 

かなり小さくて、こばしりEいわく「生まれたばっかりだね。」

 

本日、10:50のご案内のお客様は、2回目のご案内。

少し早くお着きになったので「最近ペロペロちゃん、お庭によく出ますよ****」なんて、おしゃべりをしていた。

 

玄関の「千枚の布」のご案内が始まって少しすると、お客様が「あ****ペロペロちゃんがいる(;'∀')」

 

「うおっ(@_@)」

たま~~~に家屋に浸入してくるが、玄関にひょろ~~~~っと出てくるのは珍しい。

 

まるたもお客様もびっくりしたが、ひょっとして一番びっくりしたのは生まれたばかりで世間知らずのペロペロちゃんだったに違いない。

 

かくして、ペロペロちゃんはN号がそっと素手で捕獲して庭に放してやった。

 

ペロペロちゃんといい、N号といい、大した度胸である。

9月8日(金)                    まるた

フウセンカズラ

 

つる性の一年草でまきひげを出し、フェンスや他の植物に絡ませながらぐんぐん伸びて3mほどの長さに達する。

夏に緑がかった白色の小さな花を咲かせる。花自体はさほど目立たないが、その後にできる紙風船のような形をした袋状の果実が可愛らしくユニーク。果実は径3cmほどで内側はホオズキのように空洞になっており、最初は明るいグリーンで熟すと茶色に変わる。ひとつの果実からタネが3つとれ、熟したタネは全体が黒くハート型の白い模様ができ可愛らしい。

 

 

なあんて、知ったようなことを記述したがさっき調べたばかりだ。

 

このフウセンカズラ、お客様にいただいた。

嬉しくなって、早速飾ってみた。

 

小林家には不似合いな、無機質で冷たい感じの暖房の上に置いてみた。

 

なんか、これだけであったかい感じがする。

玄関にも置いてみた。

 

可愛すぎる*****

 

カイガラソウに次いで、来年この実から種をとって植えてみようと思う。

 

来年の夏、涼やかにたわわに実ったフウセンカズラを想像するとワクワクする。

 

少なくとも、来年の夏までは小林家をつぶさないようにしようと心に誓った。

9月7日(木)                    まるた

こばしりEが、またどっかからナンか持ってきた。

 

どうやら今、整理が進んでいる、小林酒造の粕小屋と呼ばれる蔵から救出してきたらしい。

 

すっかりホコリをかぶって置き忘れられていたものだが、多分初代が買ったモノだろうということだ。

 

それを酒造の事務所の前で、ジャージャー洗っていた

壺の上部にある白い模様は、よく見ると「白い龍」のようである。

 

龍神様をお祀りしている小林家としては、汚いからと言って安易に捨てるわけにもいかない。

 

骨董に何の興味もない、まるたには、この壺の価値は全くだが、せっかくこばしりEが助けた壺なので、小林家に飾ることにした。

 

「暮らしのコース」の書斎に置いてみると、ずっと昔からそこにあったような溶け込み方だ。

 

まあ、これが365日いつでも薄暗い小林家の良いところなのかもしれない。

9月5日(火)                    まるた

 

9月16日から24日まで開催される手ぬぐいフェア

 

スタッフ一同、せっせと製作しているがちょっと困ったことがある。

 

新作が出来上がるたびに自分が欲しくて仕方なくなるのだ。

 

これ持って歩いたら絶対目立つ**とか

このクッション抱いて寝たい***とか

 

そんな葛藤と闘いながらの日々である。

 

製品の一部を掲載いたしましたので、イベント情報をご覧ください(^◇^)

 

9月4日(月)                    まるた

 

酒蔵の奥に、ひっそり置き忘れられていた秤。

 

今、酒蔵の断捨離が行われていて捨てられる運命だったのをOさんによって救出された。

 

Oさん「なんか昭和って感じで、洗ってみたら少しきれいになったのでここに飾っとくわ・・・。」

 

この秤150キロまで計測出来て、粕の重さを測っていたようだ。

 

この皿のようなものに、計りたい重さのオモリを取り付けて使うらしい。

 

そういえば遠い昔、弟Yと酒の瓶詰工場に入り込んで、そこにあったこの秤に載ってユラユラしていた記憶がある。

 

そんなことしたら蔵人さんに「コラ、遊ぶんじゃない(-"-)」と叱られそうなところだが、叱られた記憶はない。

 

とりあえず、救出してくれた昭和の男、Oさんに感謝である。

 

 

9月3日(日)                    小林 A蔵

シュウメイギクの花言葉「薄れゆく愛」「忍耐」。花の可憐さとは反対で悲しい。まるで、チノおばあさまのようです・・・
シュウメイギクの花言葉「薄れゆく愛」「忍耐」。花の可憐さとは反対で悲しい。まるで、チノおばあさまのようです・・・

外の空気が秋らしくなってきましたね~

 

玄関横のシュウメイギクがきれいに咲いています。

 

今日は暖かな陽気のようでしたね(*^。^*)

 

それでも、小林家にいらっしゃる多くのお客様は、甘酒他色々なものを「冷」より「熱燗」をお求めの方が多かったです。

 

そんな小林家、とうとう、各席の座布団にはひざ掛けが配置されました。

 

もう、秋を通り越して冬を感じつつあります・・・

 

 

 

 

9月2日(土)                    まるた

 

小林家手ぬぐいフェア

 

9月16日(土)~

   

    24日(日)

 

「小林家オリジナル手ぬぐい」を使って

 

ミニハンカチ

酒瓶を持って歩く袋

トートバック

クッション

風呂敷

あずま袋

 

などなど、小林家の守り神の白蛇ちゃんモチーフにしたグッズを販売します。

 

勿論。小林家でしか買えないモノたちばかりです。

 

ちょっと覗きに来てくださいね

(^◇^)

 

 

 

 

 

9月1日(金)                     まるた

 

9月になったとたん、つながったトンボの大群が飛んでいた。

出勤の時、法定速度で田舎道を走っているとフロントガラスに「ペチッ」「パチッ」っとトンボが攻撃を仕掛けてくる。

トンボも痛そうだ。

 

♪夕焼け小焼けの赤とんぼ、負われて見たのはいつの日か♪

という、情緒あふれる風景とはあまりにもかけ離れている。

そういえば大きくなるまで、歌詞の「負われて」を「追われて」だと勝手に解釈していた。

ああ、勘違いである(/ω\)

そういえば思い出す。

小学生の時、よく弟Yと夕方になるまで夕張川のほとりでトンボを捕った。

たまに全身真っ赤なトンボがいて「お嫁さんトンボ」と呼んでいた。

 

真っ赤にお化粧して、これからお嫁さんになるんだと思って子どもながら、お嫁さんトンボは捕らないようにしていたのを思い出す。

 

さっき、お嫁さんトンボの正式名称が気になって調べてみた。

「夏アカネ」だそうだ。アキじゃなかった。

・・・・え???(@_@)・・・全身真っ赤になるのは、夏アカネのオスだと??????

 

ああ、勘違いである( ;∀;)

8月31日(木)                    まるた

 

お盆を過ぎると北海道は、風に秋を感じる。

 

今日、なるべく考えたくなかったことになった。

 

今朝、出勤して喫茶ホールに入ると寒かった。ヒヤリじゃなくて寒かった。

 

昼のご案内のお客様には、羽織を着ていただいた。喫茶のお客様には毛布が縫い付けられたひざ掛けをお出しした。

 

夕方のお客様には、簡易ストーブの登場と相成った。

 

 

小林家らしいと言えばらしいが、とりあえずまだ8月。

たぶん、もう暖かくはならない小林家である。

 

8月29日(火)                     小林 N号

我が家の小さな畑の葉っぱを食べる青虫を、2分ずっと見てました。
我が家の小さな畑の葉っぱを食べる青虫を、2分ずっと見てました。

朝掃除していたら、こんな色鮮やかな青虫が。

今日は小学校に読み聞かせに行ってきたこともあり、「はらぺこあおむし」を思い出したりしていた。

ああ、なんて平和な日なんだろう。

でも・・・。

今日朝にいらっしゃるはずのお客様から、連絡が入った。朝のミサイル発射の影響でJRが遅れ、バスに乗れなくて遅れるという。

 

今日ほど北海道に住むということを改めて考えた日は無いですよね…。

 

いつまでも青虫を見て「はらぺこあおむし」を思い出     せる平和な日々が続きますように。

8月28日(月)                    まるた

 

26日のブログじゃないが、きょうも視野が広くなった。

 

この花「カイガラソウ(貝殻草)」というのだそうだ。

 

あ、これよくリースなんかに使われている花だ(^◇^)

 

こんなふうにたくさん入れて窓辺に飾ったらとっても素敵(^^♪

 

実はコレ、常連のお客様に頂いた。

 

しかも、ただ頂いただけじゃなくて・・・。

 

こんなアイディアまで頂いた。

 

いや、アイディアだけじゃなくて小林家からご自分で買われたビーカー。ビーカーのふたにご自分でカワイイ布を貼りつけ、お庭に咲いたカイガラソウを乾燥させて詰めて持ってきて下さた。

 

メチャメチャ可愛い******

 

頂いた瞬間「これ売りたい***」邪(よこしま)な気持ちが・・・。

 

いやいや、そんなことをしたら龍神様に叱られそうなので、喫茶ホールのテーブルに飾らせていただいて、お客様に楽しんでもらうことにした。

 

このカイガラソウ、一年草で春に種を撒くと、まるたのような草取りもしない者でも大丈夫ということなので、来年の春に種を撒いて製品化しようと思う。

 

心から、有り難いことである。

8月27日(日)                    まるた

ga今朝86歳の男性が「昔、二代目と三代目にお世話になったので、こばしりEに合いたい。」とおっしゃり、男性が名乗ると、こばしりEは「ああ、あの時は大変お世話になりました。」と懐かしそうに会話していた。

 

先日もこばしりEの顔が見たいと小林家にお立ち寄りになられた方がいた。

 

その前は「前回小林家に来たときにこばしりEを見かけて、ファンになったからまた来た。」というご夫婦。

 

その前は、初めて喫茶に来て、こばしりEと話が弾んだ男性。よっぽど楽しかったらしく帰り際に、こばしりEをハグしていた。

 

少し前には、喫茶ホールにいらっしゃったお客様が、外でガラス拭きをしていたこばしりEを見て「おばあちゃんにあんなことさせちゃダメだよ。あ、ほら、雨が降ってきたよ、あがるように言いなさい。」と、まるた、叱られた。

 

こばしりE、なかなかの人気者である。

 

8月26日(土)                    まるた

 

まるたが学生の頃「モノには名前がある。その名前を知ることで視野が広がる。」と教えられた。

誰に教えられたかは忘れたけれど、その言葉だけは深く胸に刻まれた。

 

小林家の中庭に数輪のこの黄色い花が咲いている。昨年咲いていたかは全く覚えていない。

 

この花を見ると「北の国から」で蛍ちゃんに思いを寄せる正吉君が「百万本のバラ」の代わりに、毎日この花を大量に蛍ちゃんの家に送ったシーンを思い出す。

 

先日、小林家にいらしたお客様に教えられた。

「オオハンゴウソウ」というのだそうだ。

オオハンゴウソウかぁ( ゚Д゚)

あんまりロマンチックな名前じゃなかった。

 

今の時期、キョロキョロしていると、道路脇にズラ~~~~~~っと咲いている。

キョロキョロの分だけ視野は広くなった。

8月25日(金)                    小林 A蔵

今日のステージ 午前の部 11:00~、の姿です。
今日のステージ 午前の部 11:00~、の姿です。

今日のペロちゃん***

 

記念館横の草むらからひょこっと顔を出してるところを激写!!!(N号撮影)

 

まるで、白蛇ちゃんおみくじのような愛らしいお顔です♪

 

今日は、すごく長い時間姿を見せてくれました!

 

時には「こんにちは、こんにちは」してるかのように、時には「おい!どけよ!!いけねえじゃないか!!!」というように、頭を高く上げ、前後にフリフリしています。

 

日に当たると、緑のような青のような美しい輝きをみせ、皆を楽しませてくれました。

 

ギャラリーが減ると、「やれやれ、一仕事終わったわい。」と、大物俳優のように悠々と楽屋(寝床?)に戻っていきました。

 

まるで、ペロちゃんショーを観たような感じの、見応えのあるお姿でした!!!

次はいつ会えるかな?

8月24日(木)                    まるた

 

コレ、長さ15センチにカットされた「屋久杉」

 

酒造会社なので「杉」にはご縁がある。

昭和30年ごろまでの酒樽は「杉」

酒屋の看板は「杉玉」(酒林ともいう)

小林家の大広間の天井板も「杉」

売店で販売している湿気とりは「秋田杉」

 

しかし、同じ杉でも「屋久杉」は格が違うようだ。

 

屋久杉

 屋久島は神々が棲み、精霊の宿る地といわれ「聖地屋久島」ともいわれます。樹齢千年を超えるものだけが「屋久杉」と認められ、地の気をあふれんばかりに宿しエネルギーに満ち溢れています。
 屋久杉の伐採は許されていませんので、台風などで倒木したものだけが使われます。
 屋久杉は、古来から伝わる日本人のお守りのひとつとして崇められ、あらゆるものを浄化へ導き、人間が持つ邪気などを取り除き邪悪なものを寄せつけないエネルギーを放出しているといわれます。
 また屋久杉という名が「厄過ぎ」に通じます。

 

 

そんな有り難い屋久杉を「着物地」の袋に入れてリボンを結んで(勿論リボンも手づくり)

(^◇^)お守りにした。

 

これなら大切な人へのプレゼントにもいいだろう

 

一つ500円です。

 

いつもバックなどにいれて「厄過ぎ」ますように****

8月22日(火)                    まるた

 

今日は雨。

一日雨。

しかもいい調子で降っている。

 

A蔵と「こんな日は、作業日だね。」などと暢気にしてたらポツリポツリとお客様。

 

最初のお客様は.大阪からの一人旅の男性。

次のお客様は、栗山移住体験の東京のご家族。

次は、ゴルフが雨で流れた大阪からの男性。

次は、札幌単身赴任のお父さんに会いに来た横浜からのご家族。

一番最後にいらしたお客様は、タクシーで北海道を回られている神奈川からの若い男性。

一日終わってみると、今日は本州の大勝である。

 

不思議な出会いの日だった。

8月21日(月)                    まるた

 

小林家スタッフの二大お仕事は、毎日の家屋ご案内と掃除である。

 

公開しているコースのお部屋(12部屋くらい)を3日間かけてお掃除している。

雪が降るまでは、中庭の掃除もあるので、小林家スタッフは特に運動しなくても、いい汗がかける。

 

床や、調度品拭きばかりでなく、めちゃめちゃ多いのがカラス。

 

面倒なことに表裏あるので、ガラス用の洗剤をシュッと吹きかける。

 

自分のウチのガラスはなんか曇っているが、小林家のガラスはピカピカ。

 

自分のウチは、まるく掃くけれど、小林家はモノを持ち上げて掃く。

 

自分のウチの床は、なんかこぼした時にしか拭かないけれど、小林家の床は雑巾でゴシゴシする。

 

世の中、そんなもんなのかもしれない・・・。

8月20日(日)                    小林 N号

今日は暑くもなく寒くもない、ちょうどいい陽気だったようですね(小林家にいると涼しくてよくわからないので、お客様から聞きました)。

そんな今日この頃、確実に変わりつつあるものがあります。それは何か?

 

季節です!

小林家の庭の葉が写真のようにひっそりと色づきはじめていました。

地球ってすごいですよね。

変わっていないようで、変化してる・・・。

そういうことに気づかせてくれる小林家って、すごいなあと思います。

 

あなたの周りに、何か変化はありますか?

 

(実は紅葉のことは、A蔵姉さんに教えてもらいました。ははは)

8月19日(土)                    まるた

まるた、小林家の家屋ご案内のお客様や、喫茶ご利用のお客様に

「この家は、築120年で4年前まで母が住んでいました。母は23ある部屋を100枚雑巾もって、拭いて歩いていました。」と説明している。

 

もう、何百回も説明していたが今日初めて「100枚の雑巾って積み上げたらどんな高さになるんだろう?」という疑問をもった。

で・・・やってみた。

 

こばしりEがいつもやっているように、濡らした雑巾(使い古しのタオル)を4つに折って、2枚重ねて高さを測ってみた。

 

約3.5センチあった。

3.5×50=175

 

・・・・175センチになった( ;∀;)

 

今更だけど「こばしりE様、お疲れさんでした(>_<)」

8月18日(金)                    まるた

お高い?酒を買うと、メチャメチャ立派な木の箱に入っている。

 

この紐は、その木の箱を縛る紐である。

 

これは使えそうだ*****(^◇^)

で、早速コースターを作ってみた。

 

なかなか素敵なのだが、若干いびつ。

きちんと気を付けて作っているはずなのに、まるたの性格がいびつだからかな?

 

まあ、そこは手作りということで許していただいて

 

1枚300円にて本日より販売。

 

 

 

8月17日(木)                    まるた

 

白蛇ちゃんのおみくじ

 

お腹の中に、おみくじが入っていて読んだら龍神様の横にある紐に結んでいくことも出来る。

 

このつぶらな瞳に見つめられたら、文句ばかり言っているこの自分が恥ずかしくなる・・・。

 

今日はちょっと不思議な日だった。

1、朝いちばんでいらした常連のお客様が、お願い事が叶ったので1年前に購入した「白蛇おみくじ」を蛇ちゃんごとお持ちになり、ありがとうという意味をこめて「お焚きあげしてください」とおっしゃって、2匹の白蛇ちゃんを返納し、また新しい白蛇ちゃんを連れて行ってくださった。。

2、昼頃にいらした小林家初めてのお客様が、このおみくじをご覧になって「昨日、白蛇の夢をみたの。何となく入ったここに白蛇がいた。」とおっしゃった。

3、今日だけで、この白蛇ちゃんのおみくじが8匹、小林家から旅立った。そのうち多分5匹は北海道から海を渡る。

 

つくづく思う・・・。小林家は、いや、これを信じる者は、白蛇ちゃんと龍に守られている。

8月15日(火)                    まるた

お盆になると涼しいというより寒い小林家。

今日のご案内、蔵の中に入るとお客様が一斉に「寒いねぇ( ;∀;)」とおっしゃった。

 

なんだか寒い小林家になって嬉しいような、ホッとした気分になっているのは、まるただけだろうか?

 

さて「手ぬぐいフェア」に向けて着々と準備が進んでいるが、クッションを作ってみた。

座布団にしようかと思ったけれど、白蛇様をお尻に敷くのは気が引けるのでクッションにしてみた。

 

作ってみたら可愛くて、自分の車の後部座席に3つ並べて置きたくなった。

 

8月14日(月)                     小林 A蔵

お盆企画

 

トラップを探そう 2日目~~~

 

上は中学3年生から下は2歳のお子さんまで、

本日の正解者は14名いらっしゃいました!!!

 

お付き合いくださった大人の方々、お疲れさまでした!

 

そんなお疲れの方には、小林家の甘酒をグ~~っとやっていただくのが一番ですが、そんな余裕はない、でも、休みたい時なんて方にピッタリのベンチをご用意致しております***

 

お盆の3日間限定!!

 

トラップ疲れの方、ただただ座ってみたい方、紙コップの甘酒を外で飲みたい方、ご自由にお座りください♪

8月13日(日)                    まるた

 

お盆企画 

 

小林家のトラップを探そう開始(^◇^)

 

龍神様のご配慮により、心配された雨もどうにか我慢してくれて、微妙な曇り空の中、夏休みの元気なお子様たちがトラップを探して中庭をグルグル。

 

まるた、遠巻きにその様子を見ながら

「そこじゃない・・・・もっと右・・・あ~~~~~通り過ぎた・・・・。」

 

なんかヤキモキする。

 

今日は、メッチャ頑張った8名の小学生(とそのご家族)が見事に景品をゲットしました。

 

トラップを仕掛けるほうにも、ちょっとばかりプライドがあるので、そうやすやすとは見つけられないようになっている。

 

「頑張ったけど、あと一つがどうしても見つけられないので答えを教えてください。」と降参したオトナの方もいらっしゃいました。

 

この企画、15日までです。是非挑戦しにいらしてください(^◇^)

8月12日(土)                    まるた

 

写真ではわかりにくいけれど、雨降ってます。

朝から、いい調子で降ってます。

お盆だというのに、お客様に降りかかります。

 

明日はスタッフ一同、墓石磨きだというのに明日も雨。

スタッフ一同、ベチャベチャの体を拭いて、

明日11:00にオープンできるだろうか・・・。

 

龍神様もベッチャベチャ( ;∀;)

明日から恒例の「小林家の中庭のトラップを探そう」が始まるのに、ベッチャベチャ( ;∀;)

 

そうだ*龍神様に「明日は晴れるようにお願いしてみよう**」

あ・・・・・。

 

龍神様は、水の神様だった( ;∀;)

 

 

8月11日(金)                    まるた

ちまたでは、苔がブームらしい。

特に女性に人気らしい。

 

苔かぁ・・・。

 

まるたには全く興味も知識もないが、毎日中庭を竹箒で掃くとき、何となく苔が痛がっているような気がしてそっと掃く。

カメラ片手に中庭に出た。

10歩も歩くと、4種類の苔?があった。

今日、サラサラと雨が降ったので苔も嬉しそうにしている。

 

苔ガール様。なんも森に出掛けなくても小林家の中庭にいっぱいあるよ*****

8月10日(木)                     小林 N号

たぶん、去年の今頃のことだ。庭に咲く花の名前がわからなくてお客様に聞いてみたところ、調べてくださった。

「クロコスミア」という名前だった。

これは覚えにくいと、小林家の冷蔵庫に書いて覚えた。

確かに「クロコスミア」という名は頭に入ったが・・・。

 

今年になって、それがどの花なのか、忘れてしまった!!!

 

ガーン・・・!!! 歳だなあと、思ってしまう。

 

「クロコスミア」は写真にある、きれいな花です。

8月15日の誕生花で、花言葉は「楽しい思い出」。

お墓参りした後は、もうすぐ誕生日であるこの花を探しにいらしてみてください。

 

 

8月8日(火)今日はパパの日だそうだ           まるた

 

栗山・小林酒造 中国で特集記事に

 

本日の北海道新聞朝刊の「国際の7ページ」

 

今朝、新聞を開いてビックリ(゚Д゚;)

弟Yも、朝刊を見てビックリ(゚Д゚;)

弟Sも、朝刊を見てビックリ(゚Д゚;)

 

小林酒造の関係者は誰も知らなかったことに、また(゚Д゚;)

 

知らない所で、こうして引きたてていただいて本当に有り難いことだと思う。

 

地道に酒を造り続けて今年で139年目。造り酒屋にとって、いい時代も苦しい時代もやり過ごして今ここにある。

 

天国でパパもさぞお喜びになっていることだろう。

 

小林家に外国のお客様がいらっしゃると、とたんに黙り込むまるただが、少ないボキャブラリーで頑張ろうと思った。

8月7日(月)                     まるた

 

お盆のおしらせ(^◇^)

 

*8月13日(日)は、小林家スタッフ一同で墓石を磨きに行くので11:00のオープンになります。

 頑張ってお墓を磨いて、急いで帰ってくるから待っててください***

 

*恒例になりました「小林家中庭のトラップを探そう~お盆バージョン~」は8月13日(日)~15日(火)の3日間です。

 

 指定されたトラップに書いてある文字を探して文にします。中学生以下の正解者には気持ちばかりです 

 が、景品を差し上げます。

 

 子どもだましではありません。小林家スタッフがめっちゃ考えて仕掛けてあります。

 毎年、子どもさんより真剣になるご家族が続出しています。ハマりやすい大人の方は是非虫よけス

 プレーなどをお持ちください。

 

 お待ちしています****

8月6日(日)                     小林 A蔵

この小さな手提げバッグは、風呂敷の残り布で出来ます(16.5×16.5)。ケータイ、ハンカチ、ティッシュなどを入れられるサイズです。
この小さな手提げバッグは、風呂敷の残り布で出来ます(16.5×16.5)。ケータイ、ハンカチ、ティッシュなどを入れられるサイズです。

手ぬぐいで出来る小物 

    アイデア募集!!!

 

A蔵、今、夢見ていることがあります。

それは・・・

「手ぬぐいフェアをやりたい!!!」

です。

 

小林家手ぬぐいが好き過ぎて、も~っとたくさんの方に、小林家手ぬぐいを知って頂きたい!

 

そのためには、新作を考えて~、試作して~、まるた姉さん始め小林家スタッフの「わ~!カワイイ***」をいただかなければ・・・

 

なかなか遠い道のりです。

 

それでもやりたい!

でも、アイデアに行き詰った・・・

 

そこで、小林家の内情をよ~~くご存じのブログファン皆様にアイデア募集いたします。

 

「こんなものあったらいいな♪」の声をお寄せください!待ってま~す♪

8月5日(土)                     まるた

 

昨日のブログをお読みください。

 

昨夜、なんか寝付けなかった。シラサギちゃんが亀に食われてしまいそうで心配だった。

 

何かいい方法はないものかと寝ながら考えた。

 

「そうだ*****」

 

こうしてしまえばいいんだ(^◇^)

 

朝一で、亀ちゃんの向きを変えた。

 

これで安心。

「夢でもあなたのことを思って」食われたら洒落にもならない。

 

今日はゆっくり寝られるまるたである。

8月4日(金)                     まるた

 

今日の小林家玄関。

玄関右の奥に何かが見える。

 

近づいてみよう・・・。

 

白い花をつけた植物が飾られている。

 

手前は、亀。

このカメ、実は剣山。本来は花瓶の中に入れて花を挿すのに使うが、なんか可愛いので、いつもここにいる。

 

この植物は「サギソウ」

ラン科の多年草で、花の形が白いサギに見えるのでこの名がついたらしい。

 

本日、Fさんご夫妻に頂いた。早速玄関に置いてみると日本家屋によく似合った。

ありがたいことでる。

 

花言葉は「夢でもあなたを思う」

 

めっちゃ、ロマンティックだ。

 

でも、このカメちゃん、見ようによっては虎視眈々とサギを狙っているようにも見える。

まずい(;'∀')白鷺の危機である。

 

 

8月3日(木)                     まるた

 

ご自宅で願掛け~~明日より開始(^◇^)

 

1、「ご祈祷済み用紙」の裏にお願い事を書いてください。(用紙はお祓い済み)
  ※縦書きでも横書きでもいいですよ。

2、最後に、書いた方のお名前と干支を書きます。

3、「ご祈祷済み」と書かれたところが羽になるように心を込めて、丁寧に鶴を折ります。

4、鶴を目に付くところに飾って、お願い事が叶うよう、毎日を大切に過ごしまょう。

5、お願い事が叶ったら、鶴を小林家にお持ちになってください。
 毎年7月10日の「小林家龍神祭」でお祓いし、お焚き上げ致します。

  ※郵送でも構いません。

 〒069-1521  夕張郡栗山町錦3丁目109番地 小林家

 

8月1日(火)葉月                   まるた

 

小林家の蔵の二階に、新聞紙でテキトーに包まれたガラスがあった。

どこにハマっていたものかは、もはや不明である。

 

包んであった新聞を見ると「昭和42年6月23日」の北海タイムス。

 

文字がめちゃめちゃ小さいので、近くが見えにくいまるたには、この記事を読むのは試練でしかない。

 

デッカイ広告ならよく見える。

 

おお**メガネの富士なら知っている。

 

 

 

目を引いたのは、この広告。

 

6月23日はオリンピックデー

札幌冬季オリンピックを成功させよう

 

とある。

 

これを見て一鮮明に思い出したことがある。

 

ペプシコーラの蓋の裏にあるシールのようなものをはがすと、オリンピックの様々な競技の絵が出てくる。

 

集めたなぁ・・・。

 

「あったねぇ****」と、今思っている方はまるたと同年代ですね(^^♪

 

何でも出てくる小林家ですわ・・・。

7月31日(月)                    小林 N号

 

今日で7月も終わり!早いですねえ。

今日は大雨になってしまいましたし、涼しい感じでしたが、明日からが8月、夏本番!

 

そこで夏らしい蝉の登場です(ちょっと無理がありますが…)。

先日日のまるた姉さんのブログであった蝉のその後ですが、ここ、龍神様のそばの木に託しました。

(左の木の真ん中あたりを見てください!ちっちゃい緑です)

 

この脱皮したばかりの蝉ちゃんのかわいいことといったら!!

もうたまらず、カメラを取りに戻り、撮影しました。

可愛いいいいいいいい!

このときちょっと疲れていたのですが、そんなものもどこかに吹き飛んでしまいました。

 

ゴキブリと蜂以外ならほぼ大丈夫な私。

この美しさに見とれ、しばし放心状態でした。

 

これで終わりかなあ、と思っていたのですが数日後、小林家の門のところに下の写真のように成長した美しい蝉ちゃんがまたいました。

この蝉ちゃんは先日のとは違うようですが、その模様やつぶらな瞳に癒されました。

 

オトナになってからの方がこういうことに感動している気がします。

                         大人になるのも、いいもんですね。

7月30日(日)                    まるた

 

中庭のコリンゴの木が実を結び始めた。まだ、青くて硬いけれどやがて真っ赤になる。

 

小林家がひっそり始めた第3のコース名は「コリンゴコース」

 

その部屋から眺める満開のコリンゴの花が感動モノなので、この名がついた。

 

昨日「コリンゴコース」ご案内のお客様が、その部屋に置いてあるノートに「大変雰囲気が良かった」と書いてくれました。有り難いことです。

 

読み進めるとこの一文に目が釘付けになった。

「今日初めて小林檎の部屋を案内していただきました。」

 

「コリンゴの部屋」ってもう何百回も言ったけれど、頭の中ではコリンゴはカタカナ表記でインプット。

漢字で書くとなんと、小林になるじゃないか(@_@)

 

なんか、感動した。小林のリンゴの部屋だ***

 

今更だが、いいネーミングだ(^◇^)自画自賛**

7月29日(土)                    まるた

 

今日、メチャメチャ感動したこと

 

一昨日、ホーマック(北海道の有名ホームセンター)に竹箒を買いに行った。

 

右がこれまで使っていた竹箒。(かなり安価)

左が今回購入した竹箒。

 

値段は右の3倍する。

 

「今まで使っていて別に何の支障もなかったんだから、右にしようか。いやいや、あの広い庭を掃くのは、なかなかの重労働だ。ここは、ドドンとスタッフのために高い箒にしてみようか。でも、掃き心地がさほど変わらないのなら安いのでいいか・・・。」

 

竹箒コーナーの前で10分悩んだ末、だまされたと思って1000円札を出した。

31円のおつりが来た。

 

で、今朝使ってみた。

 

柔らかくて力を入れなくてもササ~~~~ッと掃けるではないか(@_@)

ふさふさしているので、弾力もある。

 

何だか嬉しくなって、いつもより丁寧に掃いちゃった・・・。

 

掃いた後の竹箒の後が美しい・・・。

 

3倍の価値あり*****

 

7月28日(金)                    まるた

 

小林家玄関前に赤い旗・・・・

 

甘酒と、読める・・・。

 

近づいてみよう(^◇^)

 

 

こばしりE、渾身の作である。

 

赤い布は購入したが、文字に使っているのは、古い浴衣の生地。

 

そういわれると、お父さんがこんな浴衣来てたっけ…的な柄である。

 

手づくり感満載で、いかにも小林家らしい。

 

雨に濡れると可愛そうなので、屋根のある所に、取り付けたけれど、小林家の玄関前で効果があるのかどうかは、疑問の残るところである。

 

まあ、いいや・・・。

 

しばりつける、紐にも注目。

 

昔使っていた、帯の下に使う「伊達ひも」

 

こだわるんだよね(;'∀')

 

数少ないブログファンの皆さま、見に来てね。

〒069-1521

北海道夕張郡

 栗山町錦3丁目109番地

   電話:0123-76-7228

   電送:0123-76-7292

※ご予約はお電話で!