どの人もぜんぶ小林・・・

主な登場人物

 

まるた・・・・小林家の代表。   様々な原稿担当。座右の銘は、「まっ、いっか・・。」

A蔵 ・・・・小林家の厨房担当。まるたの弟Yの妻。力持ち。何でも早くて丁寧。素早く先を読む。

N号 ・・・・小林家の広報担当。まるたの弟Sの妻。持続力あり。やんわり、じわっと人を魅了する。

こばしりE・・小林家の皿洗い担当。まるたの母。移動はずっと小走りで、生きてきた。

孫K・・・・・小林家の雑用。まるたの長女。厳しい修行を経てご案内テストをクリア。ご案内デビュー。

 

4月24日(月)                   まるた

 

小林家の春。

雪もほぼ溶けた。

中庭の最後の一片の雪が解けるのは、たぶん5月の初めころかな?

 

 

 

早く中庭の開放をしたいけれど、雪が溶けたあとは、落ち葉だらけで、冬の間にバキバキ折れた木の枝が散乱している。

 

と、張り紙をしたものの本当に間に合うのかは誰にも分らない。

 

頑張るしかない・・・。

 

とりあえす、ホーマックから竹箒を買ってみた。

4月23日(日)                  小林 A蔵

昨日

「時間無いから、甘酒、紙コップでください!」

と、常連さんがいらっしゃった。

 

お急ぎなのに、わざわざ買いに来てくださったことだけで感激。それなのに売店を見ながら、

「新作ありますか~?」と言ってくださり、さらに感激。

そこで、お弁当袋セットをお見せすると

「あ~、ブログに載ってたやつ!」

と、おっしゃるではありませんか!!!

 

もう、心の中で泣いたA蔵。(顔には出ないタイプなんで、あくまでも、心の中ですが(;^ω^))

 

で、せっかく楽しんで売店をのぞいてくださるのだから、何か新しい物はないか?と探したら・・・

ありました!

 

「ピンクッション」200円

 

 

これ、ぷっくりお花とビーカー飾りぶたを合体させたもの!可愛くてついつい縫物がしたくなっちゃいますよ♪(縫物をしない方でも、「おいとくだけでカワイイの・・・」)

 

常連さんに支えられ、頑張れる小林家です***

4月22日(土)                  まるた

 

4月15日昭文社(まっぷる)発行

札幌発「日帰り大人の小さな旅」

 

コンセプトは「思い立ったらすぐ行ける 好奇心をくすぐる少し贅沢な旅」

 

装丁も立派な旅のガイドブックだ。

 

P.82「大人の遠足  北海度最古の酒蔵を尋ねる」

という見出しで、小林酒造・レストラン蔵・錦水庵と、肩を並べて「小林家」の載せて頂いた。

 

小林家の紹介文に

「小林家の人々の話を聞きながら1時間あまりをかけてじっくり見てまわる。興味深い内容だ。」

 

と、ある。

 

 

 

 

・・・。

 

興味深い内容かぁ・・・。

なんかプレッシャーだなぁ(;'∀')

 

確かに羽振りのいい時も、そうでない時も淡々と質素にこの家を守り、支えた小林家の女たちの話は、身内ながら感嘆する。

 

そんなお話で終わればいいのに調子に乗ってペラペラとしゃべる、まるたの話は意図せず笑いを誘う。

 

まっぷるさん、ごめんなさい。

4月21日(金)                  まるた

 

なんか、またこんなものが出てきた。

 

「燃えろアーサー」?50円?

どうやら。アイスクリームの蓋らしい。

 

「遊星少年パピイ」とか「スタージンガ-」とか「キャプテンハーロック」などと印刷されているメンコに混じっていた。調べてみると

 

「円卓の騎士物語 燃えろアーサー」

1979年9月9日から1980年3月30日まで放映。全30話。

毎週日曜19:00 - 19:30に放映された。

 

と、ある。

なぜこんなものが小林家に潜んでいたのか定かではないが、おやつで食べたアイスの蓋をメンコにしようという発想がすごい。

 

値段は50円。雪印だし、当たりつきだ。しかも、何だか強そうである。

このアーサー君、まるたには全く覚えはないが、A蔵は微かに反応していた。

 

何でも出てくる小林家である・・・。ヤレヤレ・・・。(;´Д`)

4月20日(木)                  まるた

 

今日、3人連れの背広のお客様が小林家の喫茶で休んでいかれた。

小林家は初めて来たとおっしゃりながら、興味深くいろいろご覧になられていた。

 

その中で一番お若い、20代後半くらいだと思われるお客様が「いやぁ~~心が洗われるなあ。日本人だなあ。癒されるなあ。」と、おっしゃってお帰りになられた。

 

まるたには、その言葉はお世辞ではなく心から発せられた言葉だと感じられた。

 

 

心が洗われ、癒されたのは小林家スタッフのほうだった。

4月18日(火)                  まるた

 

これ、昭和40年代のもので、北の錦を入れて売っていた瓶。

 

蓋はないけれど、一輪挿しにちょうどいいので小林家で売ってみたら結構評判がいい。

 

そのころの流行りのウイスキーを意識して、こんな瓶に日本酒を入れていたらしい。

 

そしたら、先日こんなチラシが発掘された。

 

昭和のお姉さんが、いかにも昭和の赤いワンピースで微笑んでいる。

 

キャッチコピーは「マイホームを楽しくバリエする」

バリエ?バリエって何?しかも「バ」は、ウに濁点。

 

 

 

読み進めると、謎は深まる。

 

「オルファンは、女性のために作られたホームワイン」

 

え?(;'∀')?日本酒入ってんだよね・・・。

 

「中略・・・ひとくちふくんだその時、ほのぼのと幸せなフィーリングが、あなたをつつみます」

 

なんか、わかるようなわかんないような日本語。

 

とどめは「お酒に弱いハズでも、思わずもう一杯 清酒のキライな彼やお友達でも トリコにされる旨さです」

 

赤ペン持って、添削しまくりたい衝動を抑えながら何度も読み返すうちに、このヘンな日本語が妙に笑いを誘うことに気が付いた。

 

作文としては「2」だけど、キャッチコピーとしては、頭から離れない衝撃を与えるので間違いなく「5」である。

 

 

4月17日(月)                  まるた

 

今朝、出勤時に見つけた「つくし」

錦水庵(小林酒造の敷地内のお蕎麦屋さん)の向かいあたりに、ひっそり咲いていた。

 

外はこんなにあったかいのに、小林家の暖房を切るどころか、炬燵もフルで稼働中である。

 

さて、その炬燵でまったりと温まっていたお客様。

次に入ってこられたお客様を見て、

 

「あら、以前も別の古民家でお会いしましたよね。」

入っていらしたお客様も、覚えていて「あらら~~~~~。偶然・・・。先日は、いいカフェを教えていただいてありがとうございました。他にもどこかおしえて***」などと、お話に花が咲いていた。なんか、そんな様子を見ながら嬉しくなった。

 

こんな偶然があるんだな・・・。と、つくづく感心していたら、炬燵のお客様いわく

「すごい偶然ですね。3回もお会いするなんて・・・。」

 

凄すぎる・・・。と思うまるたである。

 

 

4月16日 (日)                   小林 N号

ここにある桜は外にまで飛び出しているので、庭の公開前でも楽しむことができますよ!
ここにある桜は外にまで飛び出しているので、庭の公開前でも楽しむことができますよ!

 

今朝ウオーキングをしていたら、クロッカスの花が今年初めて目に入りました。

春らしくなってきましたね。

 

小林家の庭も雪がだいぶとけ、写真のように本来の姿を見せてくれるようになってきました。

もう少ししたら庭もきれいになり、お客様も自由に散策できるようになります。

そのときには龍神様、白蛇様も今の玄関からこの赤い祠に戻られます。

お引越しをするとき、いつも笑顔の小林家スタッフも神妙な、厳かな顔つきに変わります。

 

「どうかこれからも私たち小林家をお守りください」

そう思っているからですね。

 

 

これからいい季節です。

庭がご覧いただけるようになりましたら、より多くの時間を小林家でお過ごしいただけるよう、ゆとりをもってお出かけいただければと思います。

4月15日(土)                   まるた

先日のことである。

 

小林家をご案内した団体の、代表の男性のお客様に「おかみ」と呼ばれた。

呼ばれて、ぽかんとして「おかみ?」「お上?」「お紙?」「お髪?」「お神?んなわけないよな・。」

いろんなワードが、一瞬のうちに駆け巡った。

 

「あぁ、女将だ****」

 

まるたにとっては遠いワードだったが、悪くない・・・。

なんか、和服の似合うしっとりした女性を想像した。

 

「女将さん」じゃダメなの・・・。「女将」がカッコイイ。

呼ばれて、中身は一ミリも変わらないけれど、なんか嬉しくて、くすぐったいまるたである。

 

4月14日(金)                    小林 A蔵

蔵祭りが終わり、3連休をいただいたA蔵。

「なんか、新しいモノ作りたいな~・・・」

と、考えておりました。

 

ふと、

「お弁当袋はないんですか?」

と、小林家売店にある巾着袋の前でたずねられたことを思いだした。

 

「やってみよう!!」そう思い、一番可愛いと思う大きな布で作ってみた。

裏をつけて、出来上がると「箸袋もあったら可愛いかな~?」

ネットで型紙検索して、おそろいの布で作った。

 

最後に、「お弁当ってランチマットにくるんで、バンドでとめてるっけ。」と、毎日娘(JKK)の弁当を作るA蔵は思い、裏地にしてる布(昔のメリンス)で作った。

 

これで、お弁当袋がセットになる♪

 

喜んで出社すると、

まるた姉さん「おそろいのリボンゴムもあるよ~***」

 

ってことで、ホントは総額2500円なんだけど、可愛いからすべてセットで2000円で発売します***

 

4月13日(木)                    まるた

 

これ、良い子のお友達。小林家喫茶ホールにいる「リアルケロちゃん」

小さなお友達が来ると、ケロケロと上手に鳴いてくれる大人気の「ギロ」という東洋の楽器らしい。

 

まるた、3月の末に静岡の浜松に行ってきた。

時間があったので浜松駅の横にある「楽器の博物館」というところに、ふらりと入ってみた。

 

そしたら・・・・。博物館の売店にいた****

(^◇^)

 

 

ほぼ同じ大きさの「ギロ」(ちなみに非売品だった)

おおおおおお~~~~~~~。

 

 

で・・・。

その横に1200円で小さな「ギロちゃん」が売られていた。

 

「これは買いでしょ***」

まるた、ちびギロちゃんを小林家に連れてきた。

 

リアルケロちゃんも嬉しそう。

 

良い子の皆さん。

ちびギロちゃんと遊びましょう****

4月11日(火)                    まるた

 

今日は風が強い。

ちゃんと、扉は閉まっているのに小林家の喫茶ホールに風を感じる。

 

さすが断熱材0の小林家である。

 

蔵まつりを終え、ホッとして気がついたら「端午の節句」が迫っていた。

あわてて、飾った。

 

雛人形を飾るよりは、ずっと楽だわ*****

 

飾った吹き流しが、風でユラユラする小林家である

4月9日(日)                      ヨレヨレのまるた

 

第29回 酒蔵まつり無事終了

朝から快晴☼

昨夜8時に寝たので、ヤル気満々(^◇^)

 

やっぱり9時前にはお客様が列をなしている。

杜氏さんの甘酒も、フルーティ♡

 

今日小林家をご案内させて頂いたお客様に、たくさん声をかけていただきました。

 

本当に嬉しいものなんです。

 

「頑張ってね。」とか「お母様(こばしりE)お元気?」とか、「次のコースも楽しみにしてるよ。」なぁんて言っていただくとメロメロです。

 

ちなみに、こばしりEはこの二日間すっと甘酒を紙コップに注いでいました。

怒涛の二日間が終わって、こばしりEいわく「あんた(まるたのこと)大丈夫?」

 

「あんただよ。」と、思うまるたです。

 

そんなこんなで、皆様のお蔭さまをもちまして、今年の蔵まつり終了となりました。

 

ありがとうございました。

4月8日(土)                      まるた

第29回 酒蔵まつり 1日目 とりあえず無事終了(;'∀')

 

朝起きて、カーテンを開けた。

やった****降ってない(^◇^)

ヒートテック3枚、カイロ、小林家ユニホーム、毛糸のカーディガン、その上から着物のコートで着ぶくれ。

かっこ悪いが寒いよりいい。

 

10時からの開始のはずなんだけど、8時にはお客様が・・・。

 

かくして、小林家ブースで、グッズ販売と甘酒販売が始まった。

 

だいたい、忙しいことに慣れていない小林家スタッフ。

今日一日で、半年分働いた気分である。

 

忙しさのあまり、ぼおっとして写真を撮るのを忘れた・・・。

 

かえって寝よ・・・(;'∀')

 

4月7日(金)                       孫K

皆様は体調を崩されたりしていないでしょうか?4月8日(土)、9日(日)は年に一度の「くりやま老舗まつり」です(^^♪8日はAM10時~PM4時、9日はAM10時~PM3時の日程で開催します!小林家も出店していますのでぜひお立ち寄りくださいね♪

 

※8日~10日までの間は小林家の営業はお休みさせて頂きます。小林家のご見学、喫茶コーナーはご利用になれませんのでご注意ください!!

 

混雑が予想されますのでお気をつけてお越しくださいませ<(_ _)>お待ちしています!!

 

 

4月6日(木)                      まるた

 

数少ない小林家ブログファンの皆さま。お久しぶりでございます。

 

小林家、本日より営業開始となっております。

 

小林酒造敷地内では、8日(土)9日(日)に行われる第29回老舗まつりの準備が着々と進んでおります。

 

小林家も、長期の休みでボケたた頭をフル回転させてとりあえず、甘酒を注ぐためのヒシャクを丁寧に洗ってみました。

 

老舗まつりのために、昨年からチマチマと準備した商品を、廊下に並べてみました。

 

こう見ると、結構頑張ったスタッフです。

 

今年は、小林家オリジナル手ぬぐいで作った、ミニハンカチが可愛いので一枚いかがですか?

 

あとは、小物もたくさ準備したので楽しみにしていてくださいね。

 

さあ、本気出して頑張るぞ******

3月26日(日)                     まるた

 

本日をもちまして28年度の営業を終了させていただきます。

 

みなさまの温かいお力添えで、なんとか3度目の冬を乗り切ることが出来ました。

1年目の冬は、北の錦記念館前でお酒を買いにいらっしゃったお客様に「小林家ここから140歩のところにあります。」とお声かけさせて頂き、お客様から「寒くないの?」と逆に気遣われたことを思い出します。

 

なんだかんだで、無事に本日を迎えることが出来ることに感謝いたします。

 

 

29年度は4月6日(木)から営業時間を17:00までとし、またガンバリマス。

 

ありがとうございました。

 

3月25日(土)                     まるた

 

第3回 レコード鑑賞会無事終了*****

 

今日一日を、ゆる~~~~い感じでレコードの柔らかい音に包まれて過ごしました。

 

午前中にいらしたお客様と、さだまさしの「パンプキンパイとシナモンティー」を口ずさみ「サナトリウム」を聞いてしみじみした。(すみません、マニアックで(;'∀'))

 

その次にいらしたお客様とは「流浪の民」を歌い、「埴生の宿」を味わった。

 

それから、たまたま流れていた「煙が目に染みる」に足を止めたお客様と「これ、聞きながら酒飲みたいですね**」と、バーでかっこよく酒を飲んでいる自分を想像した。(まるた、洋酒が苦手なのでバーでかっこよく飲むことに憧れている)

 

ご自分のレコードをお持ちになった最後のお客様と「ナベサダ」を堪能した。

 

結局、誰が楽しんだ?

 

すみなせん・・・。

 

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました******

3月24日(金)                     まるた

 

  第3回 レコード鑑賞会

 

3月25日(土)

   10:00~16:00

 

ご予約不要

 

参加料1000円で小林家喫茶メニューからお一つチョイスし、お好きなレコードを好きなだけ聞くことが出来ます。

 

ふだんCDの音に慣れていて、とてもクリアな音質だと思って聞いていますが、このレコードから聞こえてくる音は、なんともいえない柔らかな音のように感じます。

 

小林家スタッフの願いは、この昭和30年代のレコードプレーヤーが壊れずに、とりあえず25日を乗り越えることです。

 

明日は、このプレーヤを壊さないように力を使うので、通常の家屋ご案内はありません。

 

みなさまのお越しをお待ちいたしております。

 

 

 

 

3月23日(木)                  小林 N号

そこのあなた、あの扉、開けてみたくないですか? お待ちしています。
そこのあなた、あの扉、開けてみたくないですか? お待ちしています。

 

今日はみなさんに大事なお知らせを2つしたいと思います(トップページでもお知らせしていますが)。

 

4月からご案内のコースが変わります!

商家の商いコースになりますので、1・2・3月と7・8・9月にご見学いただいたお客様はまだご覧になっていないコースですので、是非お越しいただければと思います!

 

商いのコースは写真にあるギャラリーを通り、

椅子のまだ後ろにある扉を抜けていきます。

扉を開けると、そこはもう明治そのままの世界!

その瞬間もご案内ならではの体験なので、楽しみにしていただければと思います!

 

②来週から、小林家は長期のお休みに入ります。

3月27日(月)~4月5日(水)まで営業していませんので、ご了承をお願います。

 

さあ、春はそこまで来ています!

小林家でゆっくり過ごせる日程を立てて、

ぜひ栗山町にお越しください!

お待ちしております!

 

 

 

3月21日(火)                  小林 A蔵

A蔵お勧めは、「リンゴ」です。
A蔵お勧めは、「リンゴ」です。

ギャラリーまるた 常設

 

「小林ちほ 切り絵展」 開催中!!!

 

常設展とはいえ今回の切り絵展は今あでよりパワーアップしてます!!

 

この春大学を卒業し、春からは社会人になる作者の、今までの集大成ともいえる作品展となっております。

 

前回まではなかった、卒業制作の展示もありますよ♪ (20点のうち、6店は小林家初!!!)

 

どんな作品かは、観てのお楽しみ~

 

3月20日(月)三連休最終日            まるた

 

お天気に恵まれた三連休も終わりました。

忙しいのに慣れていないので、久しぶりに忙しいとちょっと泣きたくなる、まるたです、

 

さて、「第3回レコード鑑賞会」が土曜日に迫りました。

 

鑑賞会・・・なんてカッコいいネーミングですが、まあ要するに、小林家にあるレコードから好きなものをかけて、甘酒でも飲もうじゃないか・・・。

 

という、きわめてざっくり・やんわり・ゆったりしたイベントです。

 

祖先は、洋楽・流行歌・演歌・さだまさし・ピンクレディなんかがあります。

 

 

 

今年は、1980年代のレコードも仲間入りしました。

このレコードを含めて50枚くらい頂いたものです。

 

面白そうなので、喜んでいただきました。

 

ハイスクールララバイをフィリップス社の真空管プレーヤーで聞く贅沢。

 

みんなで味わいましょう*****

3月19日(日)3連休中日             まるた

 

本日家屋のご案内をさせて頂いたО様御一行。

事前にご予約をいただいていたので、準備万端でお待ちしていた。

 

ちゃんとご案内10分前にお越しいただいたので「いらっしゃいませ」と、顔をあげると20代の若者4名様だった。

 

小林家のご案内は圧倒的に「昔を懐かしむ感じ」の年代の方が多いので、不思議に思って「ココのことを何でお知りになったのですか?」

 

「じゃらんです。」

 

(^◇^)お~~~~~~~*「初のじゃらんのお客様だ~~~~~*****」

じゃらん3月号94~95ページに、JRを使ったほろ酔いプランが紹介されているのだが、その通りに行動しているのだという。

 

ご案内のあとは「錦水庵」の「ゴボウ蕎麦」を食べて、JRで岩見沢に向かうのだそうだ。

 

こんな田舎に住んでいると車は必須だが、こんなふうにJRでゆっくり楽しみながらの旅もいいものである。

 

なんかうらやましかった、まるたである。

3月18日(土)三連休初日             まるた

 

大変大変(;'∀')

 

大急ぎで明治から使っているタライを奥から引っ張り出してきて、拭いている・・・。

 

早くしないと・・・・。

 

早くしないと・・・・。

 

早くしないと・・・・。

 

べっちょべちょになる。

 

小林家の蔵に通じる廊下に、狙いを定めて置いた。

 

ポチン・・・ポトン・・・と音がする。

 

そう、この暖気で雨漏りしてます。しかも、昨年より範囲が広がっている・・・。

 

明日もご案内が入っているけれど、すぐにはどうにもならない。

築120年ってことで、明治のタライがお似合いになる小林家。

 

何でも出てくる小林家。

凄いぞ**頑張れ小林家**雨漏りなんかに負けないぞ**

何の対策にもならないが一応、自分で自分を励ましてみる、まるたである。

3月17日(金)                  まるた

 

発表***

 

     「小林家フォトツアー写真コンテスト」1席の作品*****

 

 題名「シバレの葉」 中家 孝志 様

 

👈この写真は、まるたが撮りました。

(少しでも入賞の写真を上手に撮りたかったのですが、うまく撮ることができなくて申し訳ありません。)

 

フォトツアー当日、氷点下10度の、まさしく厳寒の中でしか撮ることのできない作品です。

 

投票いただいた小林家ご来場のお客様の感想も

・北の大地の様子が素敵です

・自然というものの素晴らしさを感じました

・絵に見えました

・1日のチャンス

 

など、たくさんの感想をいただきました。

1席の方には、当初5000円相当の商品を・・・と、考えておりましたが、なんだかんだでフジカラープラザと小林家あわせて9000円相当になりました。

 

どうぞお受け取り下さい。

 

出品していただいた皆様、ありがとうございました。

作品は、指定して頂いた場所にてお引き取りください。

 

なお、総投票数は180票。投票用紙に、感想が書かれているもののみお渡しいたします。(お渡しした投票用紙の枚数が、投票数ではありませんのでご了解ください。)

 

ありがとうございました********

 

3月16日(木)                  小林 N号

みなさんに支えられている小林家です・・・。(感謝!!!)
みなさんに支えられている小林家です・・・。(感謝!!!)

 

本日「小林家フォトツアー作品展」無事終了いたしました!!!

 

お客様の投票数は、なんと180票!!

協力してくださったお客様、そしてフォトツアーに参加してくださった方々、本当にありがとうございました!!

 

さあ、どの作品が一席になったのか?

それは今日集計して、明日発表とさせていただきます。

(一席の方には、商品が贈られます!!)

 

明日のブログ、楽しみにしていてください!!

 

 

3月14日(火)                  まるた

啓蟄も過ぎ、土の中で虫たちが目覚めはじめた。

 

小林家では、こばしりEの動きが活発になってきた。

これまで、寒すぎて長時間いられなかった未公開の4部屋の気温もなんとかプラスに転じ、公開に向けての準備に拍車がかかる。

 

以前にもお知らせしているが、この部屋は2コースある小林家ご案内をクリアされた方だけが入ることが出来るもったいぶった部屋である。

 

全貌は明らかに出来ないが、とりあえず各部屋の照明は、こんな感じである。

 

暖かくなったら公開に踏み切るが、小林家が暖かくなるのはいったいいつなんだろう?

そして、いつまでなんだろう?

家人でもわからない・・・。

3月13日(月)                  小林 A蔵

先日のチカホデビューで、2番目に売れたのがこの「ぷっくりお花🌼」。

 

1個 100円というお手軽さでありながらのこの可愛さ***

 

「何に使うの?」とよく聞かれる。

「バッグや帽子に縫い付けたり、そのまま飾っても可愛いですよ♪」

「あら~。いいわね~。」と、喜んで下さる。

 

でも、中には

「縫うのは苦手だわ~~~」という方も。

 

それなら、これはどう?と考えたアレンジ品。

 

ヘアゴム、ヘアピン、ブローチ、ストラップ***

まだまだ、何かしたいです!

3月12日(日)                  まるた

「築120年氷点下の日本家屋を撮ろう」

     ~フォトツアー作品展~

 

いよいよ16日(木)までとなりました。

 

1月22日(日)27名のカメラ好きの皆さんが集まり、氷点下10℃の小林家を震えながら撮った、渾身の一枚が展示されています。

 

2月16日から3月16日までの1ヶ月間に小林家にいらしたお客様に、お好きな写真を1点選んで、清き1票を投じていただいています。

この企画もあと3日間となりました。(水曜日はお休みだよ)

最後のチャンスなので、カメラ好きの方はぜひいらして1票を投じてくださいね。

カメラに興味のない方も是非いらして、甘酒しるこをご堪能ください。

 

まあ、結局来てね・・・。ってことです。(^◇^)

3月11日(土)                  まるた

まず、6年前の震災で悲しい思いをされた方々に心よりお見舞い申し上げます。

 

 

いつものことだが、開店前に雑巾で玄関を拭いていた。

今日はポカポカとあったかかったので、いつもよりちょっと丁寧に拭いてみた。

 

たくさんのお客様が、この玄関の戸を開けてお入りになったのだなあ・・・。

 

小林家オープンからのこの2年半で、ちょっと色の変わった木材を見ながらつくづく思った・・・。

ほら、左側の入り口の木材にたくさんのお客様の気配が感じられるでしょ***

 

いったい何人のお客様がこの木材を越えて小林家にお入りになったんだろう?

ご案内のお客様がもうすぐ6000人になるから、喫茶や売店をご利用のお客様はその10倍?いや50倍?

 

すごいな・・・。

今日は朝から、こんなことを考えていた。

 

だって、今日はあったかかったんだもん(^◇^)

いっつも寒いから、こんなこと考える暇なかったんだもん。

 

春です🌸

3月10日(金)                  まるた

 

以前にもご紹介したが、「小林家オリジナル手ぬぐい」をミニハンカチにしたものである。

 

お客様に「何をかたどったものだか、おわかりになりますか?」と、いうと

「う~~~~~ん。上はお米で、一番下は大の字(大入り満員)と、真ん中が・・・えっと・・・えっと・・・あ(^◇^)*クロワッサン。」

 

スタッフ「・・・。えっと、ウチは酒屋なんでこれは、しめ縄なんですよ。」

 

「だよね~~~~。」((笑))

 

先日、地下歩道空間でこれを売っていたとき、以前小林家をご案内させて頂いたお客様が、わざわざ足を運んでくださった。

 

色々なお話をしている中で同じ質問になった。

 

「う~~~~ん。えっと、えっと・・あ(^◇^)*ツチノコ***」

 

スタッフ「え?・・・・。」

 

ツチノコ・・・じゃないです・・・(;'∀')

 

 

3月9日(木)                   小林 N号

スイセン・スズラン・ハマナス、と思われます。
スイセン・スズラン・ハマナス、と思われます。

 

 

見てください! 新商品です!!

 

こちらのグラス、昭和40年代にワンカップとして売られていたものです。

ちょっと大きめのビッグサイズ!

 

3種類ありまして、どれも400円。

3個だと1000円となっております。

 

何を飲むにも、ちょうどいい大きさ!

 

今日さっそく3個お買い上げくださったお客様もいます。

 

 

 

みなさん、春を一足早く家の中に取りいれてはいかがですか?

3月7日(火)                   まるた

今日は、なんとも不思議な体験をした。

喫茶にいらしたお客様の携帯の写真に、恰幅のいい白い人がすっくと立っていた。

 

撮影場所は北の錦記念館の2階に展示してある2代目米三郎(昭和43年死去)が着ていたマントの前。無論誰もいない。

撮影されたお客様いわく「このマントの人ですね。大きな方だったでしょ。」

どうやら、このお客様、神社とか仏閣とかパワースポットでは感じてしまうらしい。

 

まるた「・・・・。」もう、全く声にならない。

 

お客様は、龍神様も撮影してその画像を「ほら、このお札の所にお顔のふっくらした女性が写っているわ。」

こばしりE「若い時のチノおばあちゃんかも・・・。」

まるたと、こばしりE、もう二人でひたすら「・・・・。」

 

まるたが写メっても何も映りこまないけれど、その方が撮ると必ず何か不思議なものが写りこむ。

 

「やばい・・・。家屋ご案内の時にチノおばあちゃんの事ばっかり語って、2代目のことはネタにしていた。ヤバイ・・・。」

 

お客様「あなたのおばあさま、とても喜んでいらっしゃるわ。あなたのそのサバサバした性格は、まさに男性ね。」

 

・・・・。それはよく言われる・・・。

3月6日(月)                    小林 A蔵

小林家クッキング 特製甘酒の作り方 公開!!

 

材料(およそ20人分)

北の錦大吟醸酒粕 1袋(1Kg)

水        3リットル

砂糖       500g

 

作り方1、鍋にお湯を沸かす。

2、酒粕を細かくちぎる。

3、鍋に酒粕を入れ、一晩毛布にくるむ。(小林家では、鍋帽子を使用)

4、鍋を火(中火くらいかな?)かけ、時々混ぜながら溶かす。

(※決して混ぜすぎないように注意!!)

5、酒粕が溶けたら、砂糖を入れ火を止める。(焦げやすいので)

6、砂糖を溶かす。

7、の道具で3回沸騰させる。(アルコールを飛ばすため。道具は企業秘密♡)

8、粗熱がとれたら、容器に入れて冷蔵庫へ。

 

ポイント

◎酒粕:水:砂糖=1:3:1/2 の割合にする。

◎お鍋で一晩寝かせる。(溶けやすくするため)

◎混ぜすぎると米の粒が潰れ、粘りが出るので混ぜすぎないように!

◎砂糖を入れた後は、すごく焦げやすいので、鍋で沸騰させるときは注意!

今なら、北の錦記念館で大吟醸粕があるかも!?

お家でも、小林家の味をお楽しみいただけますよ~。

3月5日(日)                    まるた

 

地下歩で売れたモノ報告****

 

小林家オリジナル手ぬぐいのハンカチバージョン9種類。

 

やっぱり新発売の「♡」と「¥」が人気である。

洗った手をハートの手ぬぐいで拭くと、なんかいいことありそうな気がするし、「¥」で手を拭くとお金が懐にとどまりそうな気がする。

 

あくまで「気がする」の域を越えないが、人生所詮そんなものである。

 

1枚500円

 

こんなことで、酒が売れるとは思わないが、ひょっとするかもしれないので、一応やってみた。

 

気はココロ・・・。

 

1枚500円

3月4日(土)                    まるた

 

地下歩デビュー報告

 

まるた、昨日はお休みをいただきましたので、遅ればせながら報告させていただきます。

 

一言で感想を述べさせていただくと「常連様・知人・友人・親戚に助けられ、支えられた一日でした。」

 

だいたい、この日のためにせっせと作った小物を一袋忘れていくという失態を犯し、A蔵と「やる気はあるんだけどね・・・|д゚)」と、呆然とするという10:00頃でした。

 

写真は気を取り直し、とりあえずおどけている まるたです。

 

同じく出店されていた方々に「そんな恰好で寒くないですか?」と、心配していただいたが「小林家ホールよりあったかいよね・・・。やっぱ、小林家って寒いよね。」A蔵としみじみ思った次第です。

 

本当にたくさんの方にご来店いただき、嬉しい一日となりました。

 

来月には「老舗まつり」も控えております。

小林家スタッフ一同、ガンバリマス。

みなさま、ありがとうございました。

3月3日(金)                    小林 N号

 

昨日チカホデビューした小林家に来てくださったお客様、本当にありがとうございました!

また改めてまるた姉さんから、どんなだったかお知らせすると思いますので、楽しみにしていてくださいね!

 

 

さて、今日はひな祭りですよね!

お祝いをする日でもありますが、おひなさまをしまう日でもあります。

そういうときに、ものすごい力を発揮するのが、お母さん(こばしりE)です。

マッハのごとく素早く動き、無駄も一切なく、これまで体に染み込ませてきた鋭敏な動きで次々と片付けていくのです! すごい!

 

そのおかげで、7段飾りのお雛様が、あっという間にこの通り、たくさんの箱におさめられていきました。

頑張ってくれていたおひなさまたち。

また来年までゆっくり休んでほしいと思います。

 

2月28日(火)                   まるた

 

3月2日(木)は小林家の地下歩道空間でハンドメイド品を売る公園デビューならぬ「地下歩デビュー」です。

 

本当は自称世界一おいしいと自分で言っているだけの「小林家オリジナル甘酒」の香りを地下歩に充満させたいけれど、テロと間違われるといけないので泣く泣く諦めた。

 

てなわけで、2日(木)は小林家を臨時休業にして頑張るので、札幌にお越しいただけると嬉しいです。

 

はじめての経験なので、緊張して寝られるかな?

2月27日(月)                   まるた

 

もうすぐ弥生。

ここにきて、こばしりEがにわかに動き始めた。

 

小林家のご案内のお部屋は2コースあり3カ月ごとに、コースが変わるので2回来ていただくと、ほぼすべてのお部屋が見られるという仕組みになっている。

 

ほぼ・・・・というところがミソで、傷みが激しかったので公開する予定の無かった部屋が4部屋ある。

ココを公開すべく、こばしりEが小走りで頑張っている。

 

この4部屋のご案内は、この急な階段から始まる。

 

この4部屋は、こばしりEが嫁いできたときに寝泊まりしていた部屋で、まるたも小学校1年生まで家族で使っていた部屋である。

 

ここから先は、小林家のご案内を2コースとも終えられた方のみご案内するというメチャクチャもったいぶった部屋にする。

 

もう少し暖かくなってご案内できるようになったら、お知らせします。

まっててね****

 

2月26日(日)                    小林 N号

こちらが今日現在の小林家の中庭です。

 

埋もれています・・・。

 

「この庭も雪が解け、掃除を終えれば中にも入れるようになるんですよ。アジサイも咲くんですよ」

 

と、お客様に説明すると、びっくりされる。

ここがどんな庭になるのか、想像もつかないのでしょう。

でも本当のことだし、この雪もいつかはとけるのです。

今日7:45ごろの写真です。ずいぶんと明るくなりました。
今日7:45ごろの写真です。ずいぶんと明るくなりました。

その兆しが、こちら。

今日の夕張川です。

もう氷が解け、うっすらとした氷の欠片が流れているだけとなっています。

とても美しい・・・。

写真を撮っているとき、びっくりした鳥が二羽飛んでいきました。

 

春は確実に近づいています。

なんだか、それだけで嬉しいですね。

北海道に住むようになって、それがよくわかるようになりました。

 

2月25日(土)                    まるた

小林酒造堪能ツアー、無事に終了させていただきました。

 

小林家のイベントの中で唯一満員になる企画なので、スタッフ一同力が入る*****

入念に準備を重ね、皆様に喜んでいただこうと頑張りました。

 

参加のお客様、お寒い中本当にありがとうございました。この寒さに凝りませず、またのお越しをお待ちいたしております。

2月24日(金)                    まるた

 

大変ご好評いただいている「小林酒造 堪能ツアー」

 

18日10:00~満員     12:00~ 満員

25日10:00~満員             12:00~ 満員

 

 

*****満員御礼となりました****

明日、参加の皆さま、お気をつけてお越しください。

 

今年の「老舗まつり」は4月8・9日です。

「酒蔵まつり」は29回目、「きびだんごまつり」は19回目を迎える。

 

酒蔵まつりは、酒造りも無事におわり、皆さんに感謝の気持ちを表すために29年前にじみ~~~~に始まった。

 

そこらへんでチョボチョボとやっていた。

月日を重ねたら、なんだかやたらに大きなイベントに成長した。

 

小林家も3回目の参戦になる。

まだ、新参者なので今年も蔵の奥の方でじみ~~~に甘酒を売る予定である。

2月23日(木)                    まるた

 

ニトリからコルクボードを買ってきた。

 

小林家の商品を可愛く貼り付けてみた。

小林酒造だとわかるようにコルクボードの真ん中の上にレンガ蔵のポスターも貼った。

 

こんな感じでどうだろうか?

 

3月2日(木)札幌地下歩行空間北3条交差点広場でデビューするために考えてみた。

 

ほら、かわいいでしょ*****(^^♪

 

手づくり巾着も大・中・小と取り揃え、手袋ホルダーも300円で販売しますよ**

 

 

 

表は可愛いが裏を返すと、いまだに使っている昭和の脚立にヒモで縛り固定した。

 

3月2日(木)に地下歩の小林家ブースにお立ち寄りいただいた、数少ない小林家ブログファンの皆様にのみ、コルクボードの裏の昭和の脚立に触ることが出来るという、どうでもいい特権があります。

 

どうぞ、昭和の脚立を触りに来てね。

 

 

2月21日(火)                    まるた

 

遠巻に見ると、おいしそうなおかしの詰め合わせに見える。

 

これ、こばしりEが「老舗まつり」用に縫っているお手玉。

 

小豆が20グラムと大豆が20グラム入れて、マメが飛び出さないようにクリップで止めてある。

 

 

 

最後の仕上げくらい、まるたがやればいいのに面倒なことはみんな押し付ける。

 

心では、心から「ごめんね」と思ってはいる。

 

 

クリップ付きのお手玉もかわいい・・・。

 

かわいいと、思うだけのまるたである。

2月20日(月)                    小林 A蔵

昔のラベルをカードサイズに切って、ラミネートしました。もろ、手書き感もご愛敬***
昔のラベルをカードサイズに切って、ラミネートしました。もろ、手書き感もご愛敬***

小林家特製甘酒

甘酒 300円

大吟醸粕使用

お急ぎの方は紙コップでどうぞ

 

と、でかでかと書かれた張り紙を記念館入口やらあちらこちらにペタペタと貼った甲斐あって、紙コップ甘酒を求めに来てくださる方が増え、嬉し限りのこの頃。さらに、蔵見学の団体さんがあろうものなら、記念館スタッフの声かけで、甘酒の嵐を吹き込むほどの大盛況ぶりを発揮する。(記念館スタッフさんに感謝!)

 

昨日も

「紙コップの甘酒ください*」

と、二人連れのお客様。

 

でも、よ~く見ると、胸にはツアーのバッチ。

集合時間は何時ですか?と尋ねると、後30分あることがわかった。

「それでは、こちらでゆっくり召し上がっていかれませんか?」

とお誘いし、休まれることに。

 

「お待たせしました~」と、のんきにホールへ出てくると、そこにはズラッ~と同じバッチをつけたお客様でいっぱい!!!

 

心の中で「ひえ~っっっっ!!!!!!!どっ、どうしよう~~~~~」

と困っていると、こんなものを思いだした。

 

以前同じような状況の時、順番を間違えてお渡ししてしまったことを反省し、作成した番号札***

 

お代を頂きながらせっせと番号札を渡していく。

次は、厨房で紙コップに甘酒をついで、できた順に持っていき

「番号札、1~10番までの方~、お待たせいたしました~~」

と、小林家には似ても似つかない声を出す。

でも、お陰様で順番を間違えることもなく、無事、お渡しすることが出来ました***

めでたし、めでたし。

2月19日(日)                     まるた

 

2月20日発売の「北海道じゃらん」3月号

 

 

 

 

 

の・・・・94ページ*****

 

「サッポロ発栗山&小樽行き ぶらり二日酔いの旅」

 

~日本酒&ワインで気軽にほろ酔い旅~

 

ということで、右ページの下のあたり・・・・

 

小林家のご案内と甘酒しるこの宣伝をしていただいた。

 

さすがに、二日酔いの旅というだけあって基本JRやバスでの移動になっていて、朝札幌を8:03に出発し、いろいろ回って18:43に札幌到着という、飲みたい人には素敵なプランになっている。

 

まるたも、小林家スタッフという立場を脱ぎ捨てて、一般のひとになって、わざわざ札幌からスタートしてみたくなった・・・。

 

94ページ、是非ご覧くださいね~~~~~~。

2月18日(土)                     まるた

 

「小林酒造堪能ツアー①」無事終了****

 

お天気がどうなることかと心配していたが、快晴だった。

外は暖かいのに、蔵が寒い。小林家が寒い。

やっぱりな・・・。

 

たくさんのお客様にお越しいただいた。

造りの蔵を堪能していただけただろうか。

 

25日もガンバリマス。

 

本日、参加のお客様ありがとうございました。

複数回参加のお客様、おんなじ話でごめんな

さいね・・・。                 

 

2月17日(金)                      まるた

 

この札、たしか小林家がオープンした年の何かのイベント用に作ったものである。

 

イベントが、満員になったらどうしよう・・・。そんな妄想をしていたあの頃は、本当に身の程知らずもいいところで恥ずかしい・・。

 

これまで色々なイベントを開催してきたが、この札を使うことはなく、この存在すら忘れていた。

 

 

しかし、しかしである・・・。

 

とうとう、使う日がやってきた( ;∀;)

 

嬉しすぎて、敷地内に貼ったポスターに、この札を貼りまくった*****

 

明日は「小林酒造堪能ツアー①」の開催です。

ちょっと、お天気が心配です。参加者の皆さまはくれぐれもお気をつけてお越しください。

 

明日は、通常のご案内も喫茶も

 

出来ませんが、ギャラリーには

 

お入りになれます。

 

よければ「小林家フォトツアー

 

展」をご覧ください。

 

2月16日(木)                     小林 N号

今日さっそくたくさんのお客様が、投票してくださいました!!
今日さっそくたくさんのお客様が、投票してくださいました!!

始まりました!!

「小林家 フォトツアー 作品展」!!!

2月16日(木)~3月16日(木)まで。

 

23点もの力作が、ギャラリーを埋め尽くしています。

極寒の中でおこなわれた1月22日のフォトツアー。

みなさん白い息を吐きながら、シーンと静まりかえる

小林家を激写してくださいました。

そのときの写真が展示されています。

 

この作品展はコンテストも兼ねています。

お客様の一票が一席を決めることになります。

シャッターを押す指が動かないほどの極寒の中、みなさん懸命に撮影しました。

どれも本当に力作揃いです!!

 

                        是非ご覧になり、清き一票をよろしくお願いいたします!

2月14日(火)                     まるた

 

小林家にある、くけ台という裁縫をするときに使う道具である。

 

棒につけられた洗濯ばさみのようなもので布を挟んで引っ張りながら運針をする。

 

「ああ、くけ台ね・・・。懐かしいわ。」と思った方はまるたと、年代が一緒かもう少し上の方であろう。

 

 

 

今朝もこばしりEは、まるたに押し付けられた「袋を縫い目が見えなおようにかがり縫いをする」とか、「お手玉を縫う」とか、「破れたところを何とかする」といったたぐいの、要するに面倒くさいことをやっていた。

 

 

「くけ台も使わずに、よくスイスイと縫えるなあ」と感心して、よ~~~~~~く見たら、自分の着物がくけ台になっていた・・・。

 

さすがである・・・。

2月13日(月)                     まるた

 

小林酒造酒蔵の屋根の雪下ろし作業中。

このところの暖気で、落雪の危険もあり、また数年前のように雪の重みで酒蔵が崩壊してはたまらない・・

 

小林家も、今日の温かさで音をたてて屋根から雪が落ちる。

 

落ちてくれるのは、大変ありがたいことだが・・・・。

 

ガラスが割れないように作った、特製の雪よけもかなり必死で踏ん張っている。

 

 

しかし・・・。

 

ちょっと油断すると板の隙間から雪が忍び寄る・・・。

 

こうなると、どうにもこうにも手が付けられない。

静かに、ガラスが割れないことを祈り、首を長くして雪解けを待つよりほかにない・・・。

 

家を守るって、大変なのね・・・(;'∀')

 

祈るという原始的な方法のみで乗り切ろうとする、まるたである。

2月12日(日)                      小林 A蔵

2月のイベントが終わらないうちに、もう3月のイベントのご案内しちゃいます!

 

♪「レコード鑑賞会」♪

 

今年は、3月25日(土)開催。

 

午前10:00~午後4:00

 

喫茶のメニューが一つついて、一人 1000円

 

電蓄と言われるフィリップス社の真空管レコードプレイヤーで、小林家にある流行歌やジャズ、クラシック、映画音楽などのレコードにて、一日中酔いしれちゃうイベント。

 

予約は不要

 

フラ~っと来ていただける、気楽なイベント。

 

今シーズン、小林家を使っての最後のイベントですよ~♪

 

※小林酒造堪能ツアーの状況(2/12現在)

18日 2コースとも 満員。

25日 2コースとも 残り1名。

キャンセル待ち 3名。となっております。

 

2月11日(土)建国記念の日で祝日なのにもったいない土曜日    まるた

 

昨年の夏、お急ぎのお客様と団体様のご要望に応えして紙コップで300円のお持ち帰りを始めた。

 

最近、もっとたっぷり欲しい・・・。というご要望にお応えしてちょっと大きめサイズで400円でも販売している。

 

北の錦記念館前に、甘酒300円****

というポスターを貼って、お知らせしているが、このポスターをご覧になってお越しいただいたお客様に「どちらのサイズがいいですか?」と伺うと、80パーセントの確率で400円サイズを選ばれる。

 

龍神様に誓って販売の戦略ではない。

でも、何だか心が痛いまるたである・・・。

2月10日(金)                     まるた

 

これ、小林家の自慢のお手洗いにあるオルゴール。

水の流れる音で、お手洗い使用中の音を消すあれが、あまり好きではないまるた。

このオルゴールを二つのお手洗いに取り付けて、気持ちよく使っていただこうと考えた。

 

先日のことである。お友達だと思われる二人連れの若いかわいらしい女性が小林家にいらっしゃった。

喫茶の後に、自慢のお手洗いをご覧になってくださいと言ったら、お二人とも同時に入られた。

 

すぐに片方のお手洗いからは、オルゴールの後が聞こえた。

 

お二人が出てくるとオルゴールを鳴らした女性が

「オルゴール、いいですね。しかも曲が嵐(笑)***」

 

すると、もう一人の女性が

「え?あれ、オルゴールだったの?引っぱっちゃいけないものだと思った( ;∀;)すごい、気遣いだなと思った。」

 

まるた「?引っ張っちゃいけない気遣い??」

 

よく聞いてみると、その女性の職業は看護師さんだった・・・。

 

なるほど、小林家のオルゴールがあまり鳴らない理由がこれで判明した。

 

みなさま、これ緊急呼び出しじゃありません。心ゆくまで引っ張ってください。

ちなみに、もう片方の曲は「エーデルワイス」

この差は、何なんだろう❓取り付けた、まるたもわからない・・・。

 

 

2月9日(木)                      まるた

 

こばしりEと蔵をあさっていたら、こんなものが出てきた。

 

柄の部分がカッコイイ・・・。

 

ワシ?

 

なんだか強そうだ。

 

ワシの足の下に「陸軍大臣」と書いてある(ような気がする・・・。)

 

多分、2代目のおじいちゃんのものだろう。

 

軍服と一緒の箱におさめられていたので、そんな時代に使ったモノだろう。

 

あさってみたら、必ず何かが出てくる小林家である。

 

一番出てきてほしい金目のものは、出てこない。

 

「小林酒造 堪能ツアー」予約状況

 18日10:00~満員     12:00~ あと残り6名

 25日10:00~あと残り1名 12:00~ あと残り8名

 

ありがたいことに、各コースもうすぐ埋まりそうな勢いである。

平日の小林家は、全く忙しくはないが「小林酒造堪能ツアー」申し込みの電話だけはひっきりなしに鳴る。

ありがたや。ありがたや。

 

2月7日(火)                      小林 N号

朝の7:30ごろの写真です。橋と川と太陽。川が少しだけ溶けていました。
朝の7:30ごろの写真です。橋と川と太陽。川が少しだけ溶けていました。

今日は毎年大好評をいただいている

「小林酒造 堪能ツアー」の予約状況をお知らせしたいと思います。

 

18日(土)10:00~ 残り3名様

      12:00~ 残り7名様

 

25日(土)10:00~ 残り5名様

      12:00~ 残り13名様

 

今のところ、こうなっております。

ご覧になっておわかりのとおり、午前の部が残り少なくなっています。

午前の部しか行けない方は、お早めにお申し込み

 いただければと思います。

 

毎年、満員御礼の企画です。

もしかしたらですが、新聞にも募集の記事が載るかもしれません。

みなさまからの早めの電話予約、お待ちしています!!

詳しくは、イベント情報をご覧ください。

2月6日(月)                      まるた

 

小林家 地下歩デビュー

 

3月2日(木)

11:00~19:00

 

札幌地下歩行空間北3条交差点広場

 

「モノ×カフェvol.3

      ~ひだまりラウンジ」

 

手づくり雑貨・絵・音・占い・美味しいもの

 

この日ばかりは札幌に繰り出し、手作り雑貨やレトログラス・干菓子・小林家オリジナル手ぬぐいの販売をします。

 

もし、見かけたら声をかけてくださいね(^^♪

 

そんなわけで、この日は栗山の小林家は臨時休業です。

 

2月5日(日)                      まるた

 

火打ち石の下に敷いたり、テーブルの脚に敷いたりするのに赤い小さなお座布団の製作に本格的にとりかかろうと思って、こばしりEに聞いた。

まるた  「ねえ、ウチに綿花ない?」

こばしりE「あるよ。(蔵の二階にダダッっと走って紙包みを

       抱えて)ほらっ。」

 

差し出された紙の包みには、こんなものが貼られていた。

 

どうやらこの綿、購入価格は12円40銭だったようだ。

いったい、いつの時代の者なんだろう?

 

地球印?

昭和9年?

50枚入り?

 

なぞは深まる・・・。

 

恐る恐る包みを開いてみた。

 

おお***

 

中の綿は真っ白で無事だったようだ。

 

ちゃんと50枚入っていた。

 

「よし、昭和9年の綿を使ってお座布団作るぞ。決意を新たにしたまるたである。」

2月4日(土)                      小林 A蔵

新作 手袋ホルダー!!  1個 300円

 

朝、駐車場に到着し、「やれやれ」と車を降り、ふと足元を見ると

手袋が落ちていた。

A蔵    「これは、まるた姉さんの?」

まるた姉さん「あ~~~!!また!?

       車から降りる時いっつも落ちちゃうんだよね~。

       コートにポケット無いからさ~」

 

A蔵もよくやる。

何か良い方法はないかな~と、思ってた矢先、ハンドメイドマーケットでいいものを見つけた。「これ、できんじゃね?」

と、早速小林家に有る物で作って(パクリ?)みた。

ぷっくりとひもを、ゴム縫いとめ、ボタンやナスカンをとめれば

立派な手袋ホルダーの出来上がり♪

 

お一ついかがですか?

2月3日(金)                      まるた

小林家のお雛様を探しに来てね(^^♪

 

  おっきいのやら、ちいちゃいのやら、古いのやら、布やら、紙やらの

 

  お雛様がお出迎え******

2月2日(木)如月                    まるた

 

先日のことである。

 

いつものように、掃除に使った雑巾を洗って、たたんでいた、こばしりEがポツリといった。

 

「しかし、小林家は物持ちいいわ・・・。ほれ・・。」

差し出された雑巾を広げてみたら・・・。

 

 

いい加減寿命なような気もするが、やっぱりたたんでしまう。

 

薄くなって、擦り切れそうな部分をアップにしてみた。

写真ではちょっとわかりにくいが、「北海道銀行」と織り込んであるのが、何とか読める。

ここまで使ってもらったら、北海道銀行さんも配りがいがあったと喜んでくださるに違いない。

 

これは、から拭き用。

 

もう少しで2枚になりそうでお得な気もする。

 

こんなモノたちで、小林家は保たれている・・・。

1月31日(火)                      小林 N号

今日は、2月のイベントをご紹介します!

 

小林家、大人気の企画!!!

今年は、ご要望にお応えして、2日間実施いたします。

 

人気のイベントにつき、お早めにお電話にてお申し込みください。

 

参加の注意点

 

1、ツアーの朝、絶対に納豆は食べないこと。絶対に・・・。

 

2.香りの強い香水の使用をお控えいただく事。

 

3.雪山に行っても寒くない装備をすること。手袋・マフラー・カイロ2個・もこもこ靴下3枚持参(靴下は小林家で使用)

 

イベント情報欄にもあったように、このようになっております。

 

この堪能ツアーのすごい所は、普段の蔵案内では見られない、仕込み蔵が見られるところです!!

南杜氏に、特別に許可をいただきました!!!

少ない時間ではありますが、カメラ撮影もOKです!

ですから、注意点を必ず守って、お越しくださいね。

 

お一人様でも、もちろん参加できます! みなさまのお越しをお待ちしております!

 

1月30日(月)                      まるた

 

新バージョンの手ぬぐいを本日より販売いたしております。

 

言いたくてウズウズしていたので、今晴れやかな気持ちです。

 

さて、新バージョン手ぬぐい、ご覧のとおり

 

「♡」は、ドキドキすることがたくさんありますように***

良い出会いがありますように****

 

「🐢」は、古来よりお酒の神様のお遣いということで、酒屋にとってとて大切なものです。また、亀は万年というように皆様の健康を願う気持ちも込められています。

 

「¥」は、商売繁盛。白蛇ちゃんが導いてくださいます。

 

ね、欲しくなったでしょ。

 

1枚1200円です(#^^#)

 

1月29日(日)                      まるた

 

小林家喫茶ホールの隣、囲炉裏のあるお部屋にかかっている時計。

一見、新しそうに見えるがざっくり100年くらい前のものでドイツ製。

とても正確で、まだ一度も壊れていなかったのが自慢だった。

 

まるたは、15分おきに鳴るこの時計のチャイムを聞きながら育った。

 

時計のネジも1週間に1度くらい巻けば大丈夫で、先日まで元気に動いていた。

ところが、半月ほど前からどうも調子が良くない。

ネジを巻いても、2時間ほど経つと振り子がとまってしまう。

惰性で振り子が2時間も動いているのかなど、物理が大っ嫌いだったまるたにわかるわけもないが、何日たっても2~3時間で振り子がとまってしまう。

 

56年前に亡くなった、チノおばあさまがずっとネジを巻いていた時計なので、この故障はスタッフにとっても悲しい出来事である。

 

三日前、脚立に登ってこの時計にすがって

「お願い・・・・。動いて・・・・。チノおばあちゃん・・・。修理に出したいけど、お金ないの・・・。」

全力で、祈ってみた。

 

翌日、6時間動いたところで止まっていた。

そして昨日、出勤しても動いていた。

 

今、ちょっと見に行ってくる・・・。

 

「動いてる( ;∀;)」

 

まるたの祈りは、聞き入れられたらしい・・・。

1月28日(土)                      まるた

 

「大風呂敷ハンドメイドマーケット」

 

      予想通りのてんやわんやの大騒ぎ

 

お天気が心配でしたが、お日様もご機嫌よく10店舗が集まってにぎやかでした。

 

普段、超寒い小林家も今日のスタッフだけで15人。

人から発散されるエネルギーが今日の小林家の暖房でした。

 

例によって小林家のスタッフ、商品が気になって気になって仕方ない。

「お客さん、来ないうちに買っちゃおうか?」などと、たわけたことをのたまっておりました。

 

ご来場の皆さま、ありがとうございました。

 

出店してくださった作家の皆さま、本当にありがとうございました。

これに懲りず、またいらしてくださいね。

1月27日(金)                      小林 A蔵

いよいよ明日、

 

大風呂敷ハンドメイドマーケット

        第2弾 開催!!!

 

会場の準備も出来ました***

 

手前がお店、奥の炉のお部屋と床の間のお部屋が喫茶コーナーになっております!!

(前回、喫茶コーナーもお店も一緒のお部屋で、

喫茶コーナーが気づかれなかったり、出店者さんが縮こまってしまったので・・・)

 

 

28日の出店者の紹介です。

 

1、よしおかさんのハンドマッサージ 1回 500円で至福の時! (前回、大好評!)

 

2、CIELさんのアクセサリー

 

3、ちょびさんのカゴ、ブレスレットなど

 

4、CHOCOさんの編みぐるみ

 

5、布遊館さんの唐草模様をはじめ、和雑貨(前回、大好評!)

  

6、デコさんの似顔絵や鼻笛ワークショップ(ず~っと鼻笛演奏で盛り上げていただきました!!)

 

7、ついきさんのアクセサリー

 

8、みゆきさんのシフォンケーキやクッキー

 

9、つしまさんのタイ式マッサージ

 

 

と、かなり女子力の高いイベントとなりそうです!

小林家スタッフも、働きながら女子力アップ目指します***

 

明日は、気温は高いようなので、小林家も比較的過ごしやすいと思われます。

 

「俺は女子力関係ないからー」というそこのお父さん!!!

記念館には酒粕や特別なお酒があります。

錦水庵にはおいしいお蕎麦があります。

 

「え~、遊ぶとこない~」というちびっこ!!!

小林家は、いつでも遊べるよ~。

 

是非、ご家族総出でお越しください♪

1月26日(木)                     まるた

 

新作****

 

こんなバックを肩から掛けて街を歩いたら、ちょっと目を引くかもしれない・・・。

 

まるた的には、右のぐい吞みの白蛇ちゃんのデザインが自分らしいと思う。

 

布地の関係で、この色のバックは2個しか取れなかった。

 

今週の土曜日は「大風呂敷ハンドメイドマーケット」で、たくさんの手作り品が並ぶけれど、よく考えたら小林家の売店は年中「ハンドメイドマーケット」であり、ハンドメイド以外のモノを探すほうが難しい売店であることに、今気が付いた・・・。

1月24日(火)                     まるた

 

今日、火打石をご購入されたお客様が

「あの、机の脚に敷いているような中綿入りの敷物売ってないの?火打ち石、プレゼントなんだけど・・・。」

と、おっしゃった。

 

なるほど、そこまでは気が付かなかった。

 

平ったい敷物じゃなくて、中に綿が入っている敷物なら、さぞ火打ち石も喜ぶだろう。

 

・・・しかも紅いものならなんか、有り難い感じもする。

 

で、早速作ってみた。

 

紅い布は紅絹(もみ)で、ベニバナを揉んで染めた絹布である。

綿も、ちゃんと真綿を入れて、真ん中をバッテンに縫って閉じてみた。

 

この感触をお伝え出来ないのが残念だが、営業中に作っちゃう小林家である(;'∀')

 

 

 

ほら、火打石も嬉しそう******

1月23日(月)                     まるた

 

これ、まるたの前職の必須アイティム。

何かに使うことがあるかもしれないと小林家で温存していた。

 

朱墨が、いかにも前職っぽい・・・。

(まるたの前職をご存じない方は、想像してね(^^♪)

 

とりあえず、モデルでないことは分かる。

 

決してうまい文字ではないが、とりあえず読めるから今週土曜日に開催される「大風呂敷ハンドメイドマーケット」の宣伝ポスターを書いてみた。

 

しかもカレンダーの裏・・・。

 

朱墨が目立っていい感じである。

 

28日は、9店舗の出店があるので小林家喫茶ホールは、すったもんだの大騒ぎになる予定である。

 

是非、小林家にいらしてくださいね。

1月22日(日)                     まるた

 

「築120年氷点下の日本家屋を撮ろう」

      ~小林家フォトツアー~

 

今シーズン番の寒さの中、無事終了いたしました。

 

今日は皆様のご期待に応えて、しっかり-6℃の中

 

「さむっ( ;∀;)」

 

を連呼しながらのツアーになりました。

 

ふだん写真NGの蔵も、なかなかの味わいを醸し出し、みなさんの切るシャッター音だけが響いていました。

 

「いい写真が撮れるといいな・・・。でも見えないものまで写んなきゃいいな・・・。」

多分、見えないだけでたくさんのご先祖様に守られている小林家。

 

ご先祖様、まるたの漫才みたいなご案内も諦めてね。

 

極寒を耐え抜いたツアー参加の皆さまお疲れさまでした。そして、ありがとうございました。

 

 

〒069-1521

北海道夕張郡

 栗山町錦3丁目109番地

   電話:0123-76-7228

   電送:0123-76-7292

※ご予約はお電話で!