どの人もぜんぶ小林・・・

主な登場人物

 

まるた・・・・小林家の代表。   様々な原稿担当。座右の銘は、「まっ、いっか・・。」

A蔵 ・・・・小林家の厨房担当。まるたの弟Yの妻。力持ち。何でも早くて丁寧。素早く先を読む。

N号 ・・・・小林家の広報担当。まるたの弟Sの妻。持続力あり。やんわり、じわっと人を魅了する。

こばしりE・・小林家の皿洗い担当。まるたの母。移動はずっと小走りで、生きてきた。

孫K・・・・・小林家の雑用。まるたの長女。厳しい修行を経てご案内テストをクリア。ご案内デビュー。

 

5月23日(火)                   まるた

 

芝桜が美しい。

この芝桜、前杜氏(とうじ)の脇田氏が在職中にせっせと植えて、精魂込めて増やしてきたものだ。

 

小林酒造の敷地内の道沿いに、今が盛りで元気である

 

芝桜の中に三つ葉のクローバーが顔を出している。

 

なんて可愛いんだろう****

 

仕事を忘れて、思わず四つばを見つけて幸せを呼び込みたい・・・。

 

芝桜にタンポポ(^◇^)

 

 

芝桜にスギナ(;'∀')

 

まあ、仕方ないよね・・・。

 

芝桜に・・・アスパラ?????

 

なかなかない組み合わせも、楽しい敷地内である・・・。

5月22日(月)                   まるた

 

今日は妙に寒い。

暑い日が続いたので、もう大丈夫かと思って蓄電式暖房のブレーカーを落としたというのにこれだ・・・。

蓄電式なので今、寒いからと言ってすぐには使えない(;'∀')

 

仕方がないので、小型冷蔵庫のような最新式の電気ストーブを点けた。

小林家で育ったくせに、読みが甘いまるたである。

 

そんなまるた、今日も龍神様に私利私欲だらけのお願いをしながら祠を拭いていた。

頭の上の方で、鳥がさえずっていた。

「ツクツクツクツク。」

「ツクツクツクツクツク。」

なかなかの美声である。

 

しばし、手を休めて聞き入っていると「ツクツク」の「ツ」が「ス」に聞こえてきた。

「スキスキスキ。」「スキスキスキスキ。」

「まるたスキスキスキスキ。」

 

ただの思い込みだが、なんか妙に嬉しかった。

 

こんなに言ってくれる鳥の名前が知りたい・・・。

 

 

5月21日(日)                   小林 A蔵

これ、およそ大正時代に作られたと思われる

直径3cmほどの小さな小さな盃。

お得意様に配るため、大量につくられたので、今は商いのコースの片隅に山積みされている。

 

「こんなぽっちしか入らなかったら、呑んだ気しないよな~。」と、思っていた。

 

だが、しかし!!!

 

とにかく可愛いのです!!!

「なんとか、日の目をみせてやりたい!」

 

ひょうたんのくり抜き穴から、丁度銘柄がお目見えです♪
ひょうたんのくり抜き穴から、丁度銘柄がお目見えです♪

てことで、甘酒や甘酒しるこに付ける、お口直しの昆布の佃煮入れちゃいました***

 

可愛いだけでなく、実用的でもあるこの案。

 

今までスプーンにのせてお出ししていた昆布さん。

気づくと、甘酒にダイブされたり、フタの裏にくっついてたり・・・

お出しするときにも、一言二言三言・・・と、説明が増えていき、食べようとしてもなかなか食べ始められない!と、私が客なら思ってしまいそう。

そんなことが全て、このお猪口で解決しちゃいました***(あ~、良かった♪)

5月20日(土)                    まるた

 

先日、庭を掃いていたら・・・。

 

「あれ?」(´・ω・`)??

こんなの、ここにあったっけ???

 

 

 

 

気を付けて見て見ると・・・・

 

こんなのやら、

 

こんなのやらが、ひっそりと置かれている。

 

これは、民芸品好きのまるたの弟Sの仕業に違いない。

 

どうりで、お客様が「可愛い庭ですね。」なんて言って下さるのが不可思議だった。

 

弟Sは、いつも自由だ。スタッフに断りの一つもない。だからスタッフは、お客様に

「ほかにどんなものが隠してあるのですか?」なんて聞かれて「さあ???」と、首をかしげるしかない・・・。

 

弟Sよ・・・。頼むから答えだけ教えてくれ(;'∀')

5月19日(金)                    まるた

 

今日も元気に庭掃除。

 

あ*****。(^◇^)

 

梅の花が散っている。

小林家の梅は桜よりもかなり遅い。

 

こんな一面に散ってくれちゃったものだから、なんか掃くのがもったいない。

 

散りゆく花びらに、儚さを感じるのは日本人特有のモノなのかな?

 

 

また一つ年を重ねた梅の老木。

 

こんなになっていても花を咲かせて実をつける。

 

儚いうえに健気だ。

 

そんな老木が死に物狂いでつけた実を梅酒にして、あっという間に飲みほしてしまうまるた・・・。

 

老木にしたら、鬼畜である。

5月18日(木)                    まるた

 

5月14日のブログの続き。

 

あれから、K-●電器にいってLEDライトと配線コードを購入した。

 

設置してみると、ピッタリだがこのままでは味気ない。

 

こばしりEに相談すると、奥からボロボロの提灯のカサをもってきて「これでなんか工夫できない?」

というので、手元にあった和紙を使ってボロのカサに貼り付けてみた。

 

今日一日、お客様の合間合間にメチャクチャ頑張って夕方、ようやく完成したので、ワクワクしながら吊り下げてみた。

 

 

・・・・。

 

なんか違った( ;∀;)

 

5月16日(火)                    小林 N号

この怪しい男性は誰なのか? 気にしないでください。
この怪しい男性は誰なのか? 気にしないでください。

 

 

見てください!

また小林酒造の敷地内に名物が誕生しそうです!

 

誰もが顔を出したくなる、こちら「顔出しパネル」が

もうすぐ完成しそうなのです。

4代目社長の熱いオファーを受け、O氏が手づくりでつくりました。

まだこの状態は未完成ということですので、みなさんこのあとどうなるのかも、楽しみにしていただければと思います。

 

いやあ、お食事処(蕎麦の錦水庵やレストラン蔵)もありますし、もちろん小林家も北の錦記念館もありますから、小林酒造敷地内は本当に一日遊べるワンダーランドです!

5月15日(月)                    まるた

 

ある人が教えてくれた。

 

「小林家、食べログの長沼・由仁・夕張カフェランキングに入ってるよ**」

 

え??(´・ω・`)??

 

早速検索してみた。

 

(;'∀')・・・・ホントだ***

 

トップ10入り**

しかも堂々の6位である。

 

スタッフが知らない所で、たくさんのお客様が小林家を検索して下さったり、話題にしてくださっていることに心から感謝である。

 

次の目標は小林家の本業の「家屋ご案内ランキング」でトップ10入りすることだ。

 

しかし、そもそも「家屋ご案内ランキング」なるものがこの世に存在するのだろうか?

 

もしまだ存在しないのなら早くそれを作って、数少ない小林家ファンのかたに、ちょっと話題にしていただければすぐさま第1位である。

 

若干セコいが第1位ってのは、嬉しい・・・。

5月14日(日)                    まるた

 

これ、昭和初期の提灯の台。

まだロウソクの時代のものだ。

 

丸い台にロウソクを立てて、提灯のかさで覆う。

 

塗りも、なかなかのものなんじゃないかと、わからないながら思う。

 

 

 

 

 

その、なかなかのものらしき燭台に大胆にもドリルで穴をあけた。

 

こばしりEが、いいと言うのでビクビクする必要はない。

この穴にコードを通して、この上に電球を取り付けたい。

どこに行っても薄暗い小林家。

少しでも明るくしたい一心である。

 

で、どこに置くの?

 

ズバリ「もったいぶった部屋」(^◇^)

 

ね***第3のコースに行きたくなったでしょ**

 

お電話お待ち申し上げております****

5月13日(土)                    まるた

 

これ、小林家玄関に飾ってある生花。

 

これをご覧になられたお客様が

「あら、素敵**水仙もこんなふうにするとまた違うわね・・・。このお家に専属の方がいらっしゃるの?」

 

「・・・・。専属?う~~~~ん(;'∀')いるような、いないような・・・。」

だって、これこばしりEがその辺に勝手に生えている花を適当に切ってドサッとプラスチックの容器に入れただけのもの。

花瓶でさえない・・・。(;´Д`)

 

こばしりEに「水仙と一緒に挿してある葉っぱは何っていう木なの?」

 

こばしりEは、一言「知らない・・・。」

 

小林家の専属である。

 

 

5月12日(金)                    小林 A蔵

始まりました!!!

新しいお部屋のご案内。

 

昨日、ブログでお知らせしたところ、

3組のお客様がいらっしゃいました***

 

「このご案内は、この急な階段から始まる。」と、2月27日(月)ブログでお知らせした階段。

 

やはり、急過ぎるので何とかしないと!!!

 

昨日の夕方、トンテンカンテン♪

まるた姉さん、あっという間に手すりを付けました。

 

これで安心***

お客様をお通しすると、

「では、ごゆっくりお過ごしください。」と、

まるで旅館の中居さん気分で戸を閉め、スタッフはもどります。

さあ!小林家の違う楽しみ方をご堪能ください♪

 

5月11日(木)                    まるた

 

 お待たせいたしました*****こっそり公開(^◇^)

 

 小林家、未公開のお部屋の準備が整いました。

 

 未公開のお部屋は4部屋で、ウナギの寝床のようにつながったお部屋です。

 傷みがひどく、当初は公開は考えていませんでしたが、5回も6回も小林家のご案内を聞きにいらし

 てくださるお客様が増えて、ご案内しているスタッフとしても同じ話ばかりで、どこをどうひねって

 も話のネタが尽き、苦しさ紛れにこばしりEに相談すると「よし、少し手を入れて公開しよう。」

 と、きっぱり。

 

 それからのこばしりEは極寒の寒さの中、着々と、かつ黙々と準備を始めついに明日からの公開に至

 りました。

 

 ご見学には、文化財保存協力費として1000円(喫茶ホールでのワンドリンク付き)かかります。

 

 このお部屋をご覧になるには、小林家の通常のご案内の

 「商家の暮らしのコース(1・2・3・7・8・9月)」ご案内

 「商家の商いのコース (4・5・6・10・11・12月)」ご案内 

 

 この二つのコースのご案内を終えた方をご案内いたします。

 このお部屋には、スタッフは付きませんので心ゆくまでお部屋を堪能してください。

 

 カメラOK。何時間いてくださっても大丈夫ですが飲食はご遠慮ください。

 小林家を知り尽くしたお客様なので、お分かりいただけると思いますが暖房設備はありませんので、

 季節に応じた服装でおいでください。7~8月でない限り靴下は必ずお持ちください。

 

 こばしりEの頑張りをご覧ください。

 

 

5月9日(火)                     まるた

 

この写真を見て「うお~~~~~~~****懐かしい・・・。」と思った方、まるたと年代が一緒です(;'∀')

このリカちゃんハウスは、1967年ころのものでイラストは漫画家「牧美也子」さん、

 

この着せ替えたちは、当時流行した「タミーちゃん」「タミーちゃんの妹ペッパーちゃん」「スカーレットちゃん」「バービーちゃん」のもので、まるたが大事にしていたものである。

 

すべて、母方の祖父が買ってくれた。

 

せっかく今までとってあったので、展示することにした。

 

どこに?

 

ズバリ「もったいぶった部屋」です。

数少ないブログファンの方ならお分かりだろう・・・。

 

いよいよ近日、隠し部屋の公開になります。

HPのチェックしていてくださいね。

5月8日(月)                     小林 N号

 

咲いた、咲いた!!

 

 

 

でも桜じゃないんです。

こちらの桜は昨日・今日の強風でだいぶ散ってしまいました。

(でも花びらの絨毯が素敵です!)

 

咲いたのはこの梅なんです。

小林家玄関横にある梅の木が、少しずつ花を咲かせてきました。

可憐という言葉がぴったりの可愛い梅です。

 

梅ですので、そのうち実になります。

その梅の実で、こばしりE(お母さん)は梅酢をつくってくれたりします。

これがさっぱりしていて、とっても美味しく、疲れもとれるんです!

お母さんの作るものは、本当になんでもおいしいです。

そして、こちらも今だけですから忘れずに見てください!

事務所横にある木蓮です。

散ってしまいますので、早めに来てくださいね。

 

たいへん春らしくなりましたが・・・小林家の中はまた寒くなってまいりました!

今日のご案内のお客様も寒がっていましたので、ぜひお越しの際は暖かい服装でいらしていただければと思います。

 

小林家、まだ炬燵出しております(笑)

5月7日(日)                     まるた

 

だんだん暖かい日も続くようになったので、先日からこの器で冷たい甘酒も始めた。

 

この器は、大正時代のもので2代目の妻、チノおばあさまの見立てだ。

 

なんてセンスがいいんだろう*(^◇^)

今に通じる新しさがある。

 

先日のことである。

喫茶で、甘酒を注文された若いお客様に「熱いのと、冷たい甘酒がありますがどちらになさいますか?」

と、お聞きしたら、すかさず「ヒヤで**」

 

言ってしまってから「あっ( ゚Д゚)」という顔をされて「すみません僕、居酒屋でバイトしてたもんですから・・・。」

 

二人で大笑いしたのだが、なんかカッコイイ。

 

「甘酒ヒヤで***」どこかで使ってみたいフレーズである。

 

甘酒ヒヤ・・・。頭から離れないまるたである。

5月6日(土)                     まるた

穴掘って入りたくなった話

 

今一度、5月2日(火)のブログを読んでください。

 

心揺れながら定休日を貫いた、まるた。

定休日の3日に、龍神様の桜が気になって普通の洋服で敷地内をてくてく歩いていた。

さすがにたくさんのお客様でにぎわっていた敷地内。錦水庵もお客様の列をなしていた。

 

「あ~あこんな日に休んじゃった・・・。」と思いながらいると、たくさんのお客様とすれ違いざまにこんな声が聞こえた。

 

「喫茶店、今日定休日だってさ。こんな大事な日にね・・・。」

 

龍神様・・・。やっぱりそうですか?

 

 

5月5日(金)子どもの日                まるた

 

連休も後半にさしかかり「混む」という動詞に慣れていない小林家スタッフは、てんやわんや(;'∀')

 

朝、今日も頑張ろうと気合いを入れて、中庭を掃いていた。

あっ( ゚Д゚)

雪が・・・・。

日の当たらない中庭に、しぶとく残っていた雪が横15センチ縦5センチほどになっている。

 

あんなに積もっていた雪の最期の一片。

小林家スタッフを凍えさせた雪。

 

この最後の雪を、踏んで溶かしてやろうかと思ったのだが、何だか哀れな気がして踏めなかった。

 

気の弱いまるたである。

5月4日(木)                    小林 A蔵

「冷やし中華♪ はじめました~♪」の芸人さん、どうしてるかな・・・
「冷やし中華♪ はじめました~♪」の芸人さん、どうしてるかな・・・

5月とは思えないくらいの暖かなゴールデンウィーク。

小林家も寒さが和らいで、コートを着ないでご案内できました***

 

こんなにあったかくなったら、やっぱり冷たい飲み物だ!!!

 

ということで、始めました!!!

 

アイスコーヒー、冷たい甘酒、冷たい甘酒しるこ、冷たい抹茶♪

 

写真は、リニューアルしたオレンジジュース*

遠くに見えるのは、庭の残雪。

昨日今日で、ほとんどなくなりましたが・・・

 

雪も桜も見れるゴールデンウィークの小林家です。

5月2日(火)                    まるた

小林家の中庭もすっかり春。

こうやって120年間少しずつ、形を変えながら植物や木々たちは花を咲かせ、実を膨らませてきたのだろう。

 

ゴールデンウイークも明日から本番を迎える。

小林酒造の敷地内もきっとたくさんのお客様でにぎわうことだろう・・・。

 

そんな5月3日は水曜日。小林家の定休日である。

 

かなり悩んだ。ふつう、営業するだろう・・・。だって稼ぎ時だもんね。

めっちゃ悩んだ。だってこの冬も寒くて厳しいだけの冬を何とか乗り越えたばかり。

 

でも、決めた。水曜日だから堂々とお休みにしよう。

そう心に決めたんだけど「明日の水曜日はやっていますか?」との電話の問い合わせに心がユラユラする。

 

庭の木々のように、淡々としていたいのに煩悩が200くらいあるまるたなのである。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・明日は休みます。

5月1日(月)皐月                  まるた

 

連休の合間の平日。

ゆっくり喫茶でくつろいでいらっしゃったお客様が小林家の庭をご覧になって

「あら、桜が咲いているわね。」

 

え?(;'∀')し…知らない・・・。

 

カメラ片手に急いで外に飛び出した、まるた。

 

ホントだぁ~~~~~(^◇^)

 

数えてみたら6輪咲いていた******

 

小林家、本日、かいかせんげ~~~~~ん

4月30日(日)                   まるた

 

これ、先日もご紹介した良い子のお友だちの

 

リアルケロちゃんとちびギロちゃん」

 

今日も良い子が小林家に遊びに来て、二匹はひとしきり「ケロケロ、ケロケロ」「ケロリン、ケロリン」と楽しそうに遊んでもらっていた。

 

しばらくしてふと目をやると・・・。

 

 

 

 

 

こうなっていた。

 

「かわいい・・・。」

 

すごく何気ないことなのだけれども、まるたにはこの二匹を横に並べて飾るという頭しかなく、ちびギロちゃんを乗っけてみようという発想はなかった。

 

いつのまに固くなってしまった自分の頭と創造する力( ;∀;)

 

楽しそうに上に乗っかっている、ちびギロちゃんを見つめていたら泣きたくなった。

 

4月29日(土)                   まるた

 

「家族で暮らす」と題した栗山町への移住者向けのパンフレット。

 

子育て世代にスポットをあてたパンフレット。

出来立てのホヤホヤで、まだ湯気が立っている。

 

栗山町も過疎化と高齢化が進み人口も減る一方なので、栗山って田舎だけど子育てにはいい所よ***

って、「ママ&キッズにうれしいスポット」を紹介している。

 

でね・・・・

 

ラッキー(スーパー)とか栗山公園とか図書館とか、こどもクリニックの紹介に肩を並べて「小林家」が載っている。

 

北の錦記念館(お酒の売店)も錦水庵(お蕎麦屋さん)も、あの有名な「きびだんご」も掲載されていないのに、小林家だけなんだよ***すごくない????(^◇^)

 

なんで??

・・・・。小林家が畳敷きだから・・・。

赤ちゃん連れのお母さんが、赤ちゃんを畳に寝かせてコーヒーを飲んだり、ほんのつかの間だけど、ほっと一息つける場所ってことで選ばれたらしい。

 

なるほど・・・。いろいろな使い方ができる小林家である・・・。

 

 

 

4月28日(金)                   小林 N号

 

 

本日、龍神様のお引越しをいたしました!

 

小林家もこのときばかりは厳粛に、まじめになります。

こばしりE(お母さん)が中心になって行い、無事に終わりました。

このときちょうどお詣りしたいというお客様がいらして、引っ越ししたばかりだというのに、もう二組の方々が手を合わせてくださいました。

 

さすが、龍神様です!!

 

 

昨日、大雨や雷が鳴りましたよね?

あのとき、ちょうど明日お引越しができるように龍神様の祠をお掃除していたときなのです。

「龍神様、喜んでいるんだね」

と、みんなで話していました。

 

さあ、明日からゴールデンウイークです!!

 

龍神様も、そしてもちろん小林家も皆さまのお越しをお待ちしております!

 

もう準備万端です!

たくさん来ていただいて大丈夫!(だと思います)です!

 

皆さんのお越しを心よりお待ち申し上げております!

 

 

4月27日(木)                   まるた

 

「そらちゲートエリア バイクウエイ」

 

由仁町・栗山町・長沼町・南幌町の4町を自転車で楽しむためのロードマップ。

 

表紙の「そらちゃりくん」が素敵な観光スポットや穴場を教えてくれる。

 

 

 

両面印刷で、裏面には「栗山町と由仁町」

 

手書きの文字と丁寧なイラストがカラフルでとても見やすい構成になっている。

 

何よりも、あったかい感じがする。

 

どれどれ・・小林家はあるかな??

 

 

 

おお~~~~あったぁ~~~~(^^♪

 

しかも「小林家」のロゴもかなり似せて書いてもらった感じがする。

 

「甘味が充実」と、紹介して頂いた。

大吟醸使用の甘酒と和三盆100パーセントの干菓子が自信作だ。

 

龍神様の祠ではなく「龍神の鐘」が紹介されているのが、若干謎だが鐘をつきに来てくれたら、めちゃめちゃうれしい。

 

これを作って頂いた栗山町ブランド推進課の「南空知4町広域連携検討会議」の皆さまお疲れさまでした。

 

ありがとうございました。感動してます。

 

4月25日(火)                   まるた

 

今週土曜日から始まるゴールデンウイークに向けて、何か新作が出来ないものかと、ない知恵を振り絞ってみた。

 

残念なことに新作は浮かばなかったが、アレンジなら考え付いた。

 

ピンクッションの次は「お花を縫い合わせて、これまたてづくりの紐にぶら提げてみた。

 

カワイイ(^◇^)

 

 

 

 

 

もはや自己満足でしかないが、販売決定***

 

全てが手づくりのため、あまりに時間がかかるのでとりあえず6個しかない。

 

売れたら嬉しい・・・。

 

 

4月24日(月)                   まるた

 

小林家の春。

雪もほぼ溶けた。

中庭の最後の一片の雪が解けるのは、たぶん5月の初めころかな?

 

 

 

早く中庭の開放をしたいけれど、雪が溶けたあとは、落ち葉だらけで、冬の間にバキバキ折れた木の枝が散乱している。

 

と、張り紙をしたものの本当に間に合うのかは誰にも分らない。

 

頑張るしかない・・・。

 

とりあえす、ホーマックから竹箒を買ってみた。

4月23日(日)                  小林 A蔵

昨日

「時間無いから、甘酒、紙コップでください!」

と、常連さんがいらっしゃった。

 

お急ぎなのに、わざわざ買いに来てくださったことだけで感激。それなのに売店を見ながら、

「新作ありますか~?」と言ってくださり、さらに感激。

そこで、お弁当袋セットをお見せすると

「あ~、ブログに載ってたやつ!」

と、おっしゃるではありませんか!!!

 

もう、心の中で泣いたA蔵。(顔には出ないタイプなんで、あくまでも、心の中ですが(;^ω^))

 

で、せっかく楽しんで売店をのぞいてくださるのだから、何か新しい物はないか?と探したら・・・

ありました!

 

「ピンクッション」200円

 

 

これ、ぷっくりお花とビーカー飾りぶたを合体させたもの!可愛くてついつい縫物がしたくなっちゃいますよ♪(縫物をしない方でも、「おいとくだけでカワイイの・・・」)

 

常連さんに支えられ、頑張れる小林家です***

4月22日(土)                  まるた

 

4月15日昭文社(まっぷる)発行

札幌発「日帰り大人の小さな旅」

 

コンセプトは「思い立ったらすぐ行ける 好奇心をくすぐる少し贅沢な旅」

 

装丁も立派な旅のガイドブックだ。

 

P.82「大人の遠足  北海度最古の酒蔵を尋ねる」

という見出しで、小林酒造・レストラン蔵・錦水庵と、肩を並べて「小林家」の載せて頂いた。

 

小林家の紹介文に

「小林家の人々の話を聞きながら1時間あまりをかけてじっくり見てまわる。興味深い内容だ。」

 

と、ある。

 

 

 

 

・・・。

 

興味深い内容かぁ・・・。

なんかプレッシャーだなぁ(;'∀')

 

確かに羽振りのいい時も、そうでない時も淡々と質素にこの家を守り、支えた小林家の女たちの話は、身内ながら感嘆する。

 

そんなお話で終わればいいのに調子に乗ってペラペラとしゃべる、まるたの話は意図せず笑いを誘う。

 

まっぷるさん、ごめんなさい。

4月21日(金)                  まるた

 

なんか、またこんなものが出てきた。

 

「燃えろアーサー」?50円?

どうやら。アイスクリームの蓋らしい。

 

「遊星少年パピイ」とか「スタージンガ-」とか「キャプテンハーロック」などと印刷されているメンコに混じっていた。調べてみると

 

「円卓の騎士物語 燃えろアーサー」

1979年9月9日から1980年3月30日まで放映。全30話。

毎週日曜19:00 - 19:30に放映された。

 

と、ある。

なぜこんなものが小林家に潜んでいたのか定かではないが、おやつで食べたアイスの蓋をメンコにしようという発想がすごい。

 

値段は50円。雪印だし、当たりつきだ。しかも、何だか強そうである。

このアーサー君、まるたには全く覚えはないが、A蔵は微かに反応していた。

 

何でも出てくる小林家である・・・。ヤレヤレ・・・。(;´Д`)

4月20日(木)                  まるた

 

今日、3人連れの背広のお客様が小林家の喫茶で休んでいかれた。

小林家は初めて来たとおっしゃりながら、興味深くいろいろご覧になられていた。

 

その中で一番お若い、20代後半くらいだと思われるお客様が「いやぁ~~心が洗われるなあ。日本人だなあ。癒されるなあ。」と、おっしゃってお帰りになられた。

 

まるたには、その言葉はお世辞ではなく心から発せられた言葉だと感じられた。

 

 

心が洗われ、癒されたのは小林家スタッフのほうだった。

4月18日(火)                  まるた

 

これ、昭和40年代のもので、北の錦を入れて売っていた瓶。

 

蓋はないけれど、一輪挿しにちょうどいいので小林家で売ってみたら結構評判がいい。

 

そのころの流行りのウイスキーを意識して、こんな瓶に日本酒を入れていたらしい。

 

そしたら、先日こんなチラシが発掘された。

 

昭和のお姉さんが、いかにも昭和の赤いワンピースで微笑んでいる。

 

キャッチコピーは「マイホームを楽しくバリエする」

バリエ?バリエって何?しかも「バ」は、ウに濁点。

 

 

 

読み進めると、謎は深まる。

 

「オルファンは、女性のために作られたホームワイン」

 

え?(;'∀')?日本酒入ってんだよね・・・。

 

「中略・・・ひとくちふくんだその時、ほのぼのと幸せなフィーリングが、あなたをつつみます」

 

なんか、わかるようなわかんないような日本語。

 

とどめは「お酒に弱いハズでも、思わずもう一杯 清酒のキライな彼やお友達でも トリコにされる旨さです」

 

赤ペン持って、添削しまくりたい衝動を抑えながら何度も読み返すうちに、このヘンな日本語が妙に笑いを誘うことに気が付いた。

 

作文としては「2」だけど、キャッチコピーとしては、頭から離れない衝撃を与えるので間違いなく「5」である。

 

 

4月17日(月)                  まるた

 

今朝、出勤時に見つけた「つくし」

錦水庵(小林酒造の敷地内のお蕎麦屋さん)の向かいあたりに、ひっそり咲いていた。

 

外はこんなにあったかいのに、小林家の暖房を切るどころか、炬燵もフルで稼働中である。

 

さて、その炬燵でまったりと温まっていたお客様。

次に入ってこられたお客様を見て、

 

「あら、以前も別の古民家でお会いしましたよね。」

入っていらしたお客様も、覚えていて「あらら~~~~~。偶然・・・。先日は、いいカフェを教えていただいてありがとうございました。他にもどこかおしえて***」などと、お話に花が咲いていた。なんか、そんな様子を見ながら嬉しくなった。

 

こんな偶然があるんだな・・・。と、つくづく感心していたら、炬燵のお客様いわく

「すごい偶然ですね。3回もお会いするなんて・・・。」

 

凄すぎる・・・。と思うまるたである。

 

 

4月16日 (日)                   小林 N号

ここにある桜は外にまで飛び出しているので、庭の公開前でも楽しむことができますよ!
ここにある桜は外にまで飛び出しているので、庭の公開前でも楽しむことができますよ!

 

今朝ウオーキングをしていたら、クロッカスの花が今年初めて目に入りました。

春らしくなってきましたね。

 

小林家の庭も雪がだいぶとけ、写真のように本来の姿を見せてくれるようになってきました。

もう少ししたら庭もきれいになり、お客様も自由に散策できるようになります。

そのときには龍神様、白蛇様も今の玄関からこの赤い祠に戻られます。

お引越しをするとき、いつも笑顔の小林家スタッフも神妙な、厳かな顔つきに変わります。

 

「どうかこれからも私たち小林家をお守りください」

そう思っているからですね。

 

 

これからいい季節です。

庭がご覧いただけるようになりましたら、より多くの時間を小林家でお過ごしいただけるよう、ゆとりをもってお出かけいただければと思います。

4月15日(土)                   まるた

先日のことである。

 

小林家をご案内した団体の、代表の男性のお客様に「おかみ」と呼ばれた。

呼ばれて、ぽかんとして「おかみ?」「お上?」「お紙?」「お髪?」「お神?んなわけないよな・。」

いろんなワードが、一瞬のうちに駆け巡った。

 

「あぁ、女将だ****」

 

まるたにとっては遠いワードだったが、悪くない・・・。

なんか、和服の似合うしっとりした女性を想像した。

 

「女将さん」じゃダメなの・・・。「女将」がカッコイイ。

呼ばれて、中身は一ミリも変わらないけれど、なんか嬉しくて、くすぐったいまるたである。

 

4月14日(金)                    小林 A蔵

蔵祭りが終わり、3連休をいただいたA蔵。

「なんか、新しいモノ作りたいな~・・・」

と、考えておりました。

 

ふと、

「お弁当袋はないんですか?」

と、小林家売店にある巾着袋の前でたずねられたことを思いだした。

 

「やってみよう!!」そう思い、一番可愛いと思う大きな布で作ってみた。

裏をつけて、出来上がると「箸袋もあったら可愛いかな~?」

ネットで型紙検索して、おそろいの布で作った。

 

最後に、「お弁当ってランチマットにくるんで、バンドでとめてるっけ。」と、毎日娘(JKK)の弁当を作るA蔵は思い、裏地にしてる布(昔のメリンス)で作った。

 

これで、お弁当袋がセットになる♪

 

喜んで出社すると、

まるた姉さん「おそろいのリボンゴムもあるよ~***」

 

ってことで、ホントは総額2500円なんだけど、可愛いからすべてセットで2000円で発売します***

 

4月13日(木)                    まるた

 

これ、良い子のお友達。小林家喫茶ホールにいる「リアルケロちゃん」

小さなお友達が来ると、ケロケロと上手に鳴いてくれる大人気の「ギロ」という東洋の楽器らしい。

 

まるた、3月の末に静岡の浜松に行ってきた。

時間があったので浜松駅の横にある「楽器の博物館」というところに、ふらりと入ってみた。

 

そしたら・・・・。博物館の売店にいた****

(^◇^)

 

 

ほぼ同じ大きさの「ギロ」(ちなみに非売品だった)

おおおおおお~~~~~~~。

 

 

で・・・。

その横に1200円で小さな「ギロちゃん」が売られていた。

 

「これは買いでしょ***」

まるた、ちびギロちゃんを小林家に連れてきた。

 

リアルケロちゃんも嬉しそう。

 

良い子の皆さん。

ちびギロちゃんと遊びましょう****

4月11日(火)                    まるた

 

今日は風が強い。

ちゃんと、扉は閉まっているのに小林家の喫茶ホールに風を感じる。

 

さすが断熱材0の小林家である。

 

蔵まつりを終え、ホッとして気がついたら「端午の節句」が迫っていた。

あわてて、飾った。

 

雛人形を飾るよりは、ずっと楽だわ*****

 

飾った吹き流しが、風でユラユラする小林家である

4月9日(日)                      ヨレヨレのまるた

 

第29回 酒蔵まつり無事終了

朝から快晴☼

昨夜8時に寝たので、ヤル気満々(^◇^)

 

やっぱり9時前にはお客様が列をなしている。

杜氏さんの甘酒も、フルーティ♡

 

今日小林家をご案内させて頂いたお客様に、たくさん声をかけていただきました。

 

本当に嬉しいものなんです。

 

「頑張ってね。」とか「お母様(こばしりE)お元気?」とか、「次のコースも楽しみにしてるよ。」なぁんて言っていただくとメロメロです。

 

ちなみに、こばしりEはこの二日間すっと甘酒を紙コップに注いでいました。

怒涛の二日間が終わって、こばしりEいわく「あんた(まるたのこと)大丈夫?」

 

「あんただよ。」と、思うまるたです。

 

そんなこんなで、皆様のお蔭さまをもちまして、今年の蔵まつり終了となりました。

 

ありがとうございました。

4月8日(土)                      まるた

第29回 酒蔵まつり 1日目 とりあえず無事終了(;'∀')

 

朝起きて、カーテンを開けた。

やった****降ってない(^◇^)

ヒートテック3枚、カイロ、小林家ユニホーム、毛糸のカーディガン、その上から着物のコートで着ぶくれ。

かっこ悪いが寒いよりいい。

 

10時からの開始のはずなんだけど、8時にはお客様が・・・。

 

かくして、小林家ブースで、グッズ販売と甘酒販売が始まった。

 

だいたい、忙しいことに慣れていない小林家スタッフ。

今日一日で、半年分働いた気分である。

 

忙しさのあまり、ぼおっとして写真を撮るのを忘れた・・・。

 

かえって寝よ・・・(;'∀')

 

4月7日(金)                       孫K

皆様は体調を崩されたりしていないでしょうか?4月8日(土)、9日(日)は年に一度の「くりやま老舗まつり」です(^^♪8日はAM10時~PM4時、9日はAM10時~PM3時の日程で開催します!小林家も出店していますのでぜひお立ち寄りくださいね♪

 

※8日~10日までの間は小林家の営業はお休みさせて頂きます。小林家のご見学、喫茶コーナーはご利用になれませんのでご注意ください!!

 

混雑が予想されますのでお気をつけてお越しくださいませ<(_ _)>お待ちしています!!

 

 

4月6日(木)                      まるた

 

数少ない小林家ブログファンの皆さま。お久しぶりでございます。

 

小林家、本日より営業開始となっております。

 

小林酒造敷地内では、8日(土)9日(日)に行われる第29回老舗まつりの準備が着々と進んでおります。

 

小林家も、長期の休みでボケたた頭をフル回転させてとりあえず、甘酒を注ぐためのヒシャクを丁寧に洗ってみました。

 

老舗まつりのために、昨年からチマチマと準備した商品を、廊下に並べてみました。

 

こう見ると、結構頑張ったスタッフです。

 

今年は、小林家オリジナル手ぬぐいで作った、ミニハンカチが可愛いので一枚いかがですか?

 

あとは、小物もたくさ準備したので楽しみにしていてくださいね。

 

さあ、本気出して頑張るぞ******

3月26日(日)                     まるた

 

本日をもちまして28年度の営業を終了させていただきます。

 

みなさまの温かいお力添えで、なんとか3度目の冬を乗り切ることが出来ました。

1年目の冬は、北の錦記念館前でお酒を買いにいらっしゃったお客様に「小林家ここから140歩のところにあります。」とお声かけさせて頂き、お客様から「寒くないの?」と逆に気遣われたことを思い出します。

 

なんだかんだで、無事に本日を迎えることが出来ることに感謝いたします。

 

 

29年度は4月6日(木)から営業時間を17:00までとし、またガンバリマス。

 

ありがとうございました。

 

3月25日(土)                     まるた

 

第3回 レコード鑑賞会無事終了*****

 

今日一日を、ゆる~~~~い感じでレコードの柔らかい音に包まれて過ごしました。

 

午前中にいらしたお客様と、さだまさしの「パンプキンパイとシナモンティー」を口ずさみ「サナトリウム」を聞いてしみじみした。(すみません、マニアックで(;'∀'))

 

その次にいらしたお客様とは「流浪の民」を歌い、「埴生の宿」を味わった。

 

それから、たまたま流れていた「煙が目に染みる」に足を止めたお客様と「これ、聞きながら酒飲みたいですね**」と、バーでかっこよく酒を飲んでいる自分を想像した。(まるた、洋酒が苦手なのでバーでかっこよく飲むことに憧れている)

 

ご自分のレコードをお持ちになった最後のお客様と「ナベサダ」を堪能した。

 

結局、誰が楽しんだ?

 

すみなせん・・・。

 

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました******

3月24日(金)                     まるた

 

  第3回 レコード鑑賞会

 

3月25日(土)

   10:00~16:00

 

ご予約不要

 

参加料1000円で小林家喫茶メニューからお一つチョイスし、お好きなレコードを好きなだけ聞くことが出来ます。

 

ふだんCDの音に慣れていて、とてもクリアな音質だと思って聞いていますが、このレコードから聞こえてくる音は、なんともいえない柔らかな音のように感じます。

 

小林家スタッフの願いは、この昭和30年代のレコードプレーヤーが壊れずに、とりあえず25日を乗り越えることです。

 

明日は、このプレーヤを壊さないように力を使うので、通常の家屋ご案内はありません。

 

みなさまのお越しをお待ちいたしております。

 

 

 

 

3月23日(木)                  小林 N号

そこのあなた、あの扉、開けてみたくないですか? お待ちしています。
そこのあなた、あの扉、開けてみたくないですか? お待ちしています。

 

今日はみなさんに大事なお知らせを2つしたいと思います(トップページでもお知らせしていますが)。

 

4月からご案内のコースが変わります!

商家の商いコースになりますので、1・2・3月と7・8・9月にご見学いただいたお客様はまだご覧になっていないコースですので、是非お越しいただければと思います!

 

商いのコースは写真にあるギャラリーを通り、

椅子のまだ後ろにある扉を抜けていきます。

扉を開けると、そこはもう明治そのままの世界!

その瞬間もご案内ならではの体験なので、楽しみにしていただければと思います!

 

②来週から、小林家は長期のお休みに入ります。

3月27日(月)~4月5日(水)まで営業していませんので、ご了承をお願います。

 

さあ、春はそこまで来ています!

小林家でゆっくり過ごせる日程を立てて、

ぜひ栗山町にお越しください!

お待ちしております!

 

 

 

3月21日(火)                  小林 A蔵

A蔵お勧めは、「リンゴ」です。
A蔵お勧めは、「リンゴ」です。

ギャラリーまるた 常設

 

「小林ちほ 切り絵展」 開催中!!!

 

常設展とはいえ今回の切り絵展は今あでよりパワーアップしてます!!

 

この春大学を卒業し、春からは社会人になる作者の、今までの集大成ともいえる作品展となっております。

 

前回まではなかった、卒業制作の展示もありますよ♪ (20点のうち、6店は小林家初!!!)

 

どんな作品かは、観てのお楽しみ~

 

3月20日(月)三連休最終日            まるた

 

お天気に恵まれた三連休も終わりました。

忙しいのに慣れていないので、久しぶりに忙しいとちょっと泣きたくなる、まるたです、

 

さて、「第3回レコード鑑賞会」が土曜日に迫りました。

 

鑑賞会・・・なんてカッコいいネーミングですが、まあ要するに、小林家にあるレコードから好きなものをかけて、甘酒でも飲もうじゃないか・・・。

 

という、きわめてざっくり・やんわり・ゆったりしたイベントです。

 

祖先は、洋楽・流行歌・演歌・さだまさし・ピンクレディなんかがあります。

 

 

 

今年は、1980年代のレコードも仲間入りしました。

このレコードを含めて50枚くらい頂いたものです。

 

面白そうなので、喜んでいただきました。

 

ハイスクールララバイをフィリップス社の真空管プレーヤーで聞く贅沢。

 

みんなで味わいましょう*****

3月19日(日)3連休中日             まるた

 

本日家屋のご案内をさせて頂いたО様御一行。

事前にご予約をいただいていたので、準備万端でお待ちしていた。

 

ちゃんとご案内10分前にお越しいただいたので「いらっしゃいませ」と、顔をあげると20代の若者4名様だった。

 

小林家のご案内は圧倒的に「昔を懐かしむ感じ」の年代の方が多いので、不思議に思って「ココのことを何でお知りになったのですか?」

 

「じゃらんです。」

 

(^◇^)お~~~~~~~*「初のじゃらんのお客様だ~~~~~*****」

じゃらん3月号94~95ページに、JRを使ったほろ酔いプランが紹介されているのだが、その通りに行動しているのだという。

 

ご案内のあとは「錦水庵」の「ゴボウ蕎麦」を食べて、JRで岩見沢に向かうのだそうだ。

 

こんな田舎に住んでいると車は必須だが、こんなふうにJRでゆっくり楽しみながらの旅もいいものである。

 

なんかうらやましかった、まるたである。

3月18日(土)三連休初日             まるた

 

大変大変(;'∀')

 

大急ぎで明治から使っているタライを奥から引っ張り出してきて、拭いている・・・。

 

早くしないと・・・・。

 

早くしないと・・・・。

 

早くしないと・・・・。

 

べっちょべちょになる。

 

小林家の蔵に通じる廊下に、狙いを定めて置いた。

 

ポチン・・・ポトン・・・と音がする。

 

そう、この暖気で雨漏りしてます。しかも、昨年より範囲が広がっている・・・。

 

明日もご案内が入っているけれど、すぐにはどうにもならない。

築120年ってことで、明治のタライがお似合いになる小林家。

 

何でも出てくる小林家。

凄いぞ**頑張れ小林家**雨漏りなんかに負けないぞ**

何の対策にもならないが一応、自分で自分を励ましてみる、まるたである。

3月17日(金)                  まるた

 

発表***

 

     「小林家フォトツアー写真コンテスト」1席の作品*****

 

 題名「シバレの葉」 中家 孝志 様

 

👈この写真は、まるたが撮りました。

(少しでも入賞の写真を上手に撮りたかったのですが、うまく撮ることができなくて申し訳ありません。)

 

フォトツアー当日、氷点下10度の、まさしく厳寒の中でしか撮ることのできない作品です。

 

投票いただいた小林家ご来場のお客様の感想も

・北の大地の様子が素敵です

・自然というものの素晴らしさを感じました

・絵に見えました

・1日のチャンス

 

など、たくさんの感想をいただきました。

1席の方には、当初5000円相当の商品を・・・と、考えておりましたが、なんだかんだでフジカラープラザと小林家あわせて9000円相当になりました。

 

どうぞお受け取り下さい。

 

出品していただいた皆様、ありがとうございました。

作品は、指定して頂いた場所にてお引き取りください。

 

なお、総投票数は180票。投票用紙に、感想が書かれているもののみお渡しいたします。(お渡しした投票用紙の枚数が、投票数ではありませんのでご了解ください。)

 

ありがとうございました********

 

〒069-1521

北海道夕張郡

 栗山町錦3丁目109番地

   電話:0123-76-7228

   電送:0123-76-7292

※ご予約はお電話で!